リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 不動産を早く売りたい理由は?早期売却が迫られる場合や最短ルートを解説

不動産を早く売りたい理由は?早期売却が迫られる場合や最短ルートを解説

≪ 前へ|第二種住居地域とは?建てられる建物やこの土地を購入するメリットも解説   記事一覧   建売住宅 VS 注文住宅!マイホーム購入するならどちらがいいのか解説|次へ ≫

不動産を早く売りたい理由は?早期売却が迫られる場合や最短ルートを解説

不動産を早く売りたい理由は?早期売却が迫られる場合や最短ルートを解説

不動産を売却するうえで、早く売りたいと考える方は多いかと思います。
ただ、どのような理由や事情があって、早く売りたいと考えるのでしょうか。
そこで今回は、早期売却が迫られるケースや、最短ルートでの売却方法を解説していきますので、ご参考になさってください。

株式会社リードホームへのお問い合わせはこちら


不動産を早く売りたいと考える理由

不動産を早く売りたいと考える理由

不動産を早く売りたいと考えるのは、どのような理由が関係しているのでしょうか。
以下で見ていきましょう。

建物価格が下がるから

不動産売却において、家やマンションなどの建物を売却する場合、価格はそのままではありません。
多くの場合、建物は年月の経過とともに劣化し、残存耐用年数が短くなってしまうため、建物価格が減少します。
早く売りたいと考える方の多くは、売却価格が下がらないうちに建物を売ることで、なるべく多くの収益を得ようと思っているのです。
新築当初はどれほど素晴らしい建物でも、年月が経過すると自ずと価値は下がります。
また、基本的に売却価格は年月が経過すればするほど低くなるため、可能な限り早く売った方が得策と考えられます。
売却をするか悩んでいるうちに2~3年経過した場合、年月が経過した分だけ売却価格も下がっているため、早めに決断したほうがいいと言われているのです。

相場価格が変わるから

土地は建物のように劣化の心配がほとんどないため、これまでは「値下がりしない」と考えるのが一般的でした。
しかし、土地の相場価格もさまざまな要因によって変動します。
たとえば金利上昇やデフレーションなどの影響を受けると、市場価値に変化が生じます。
もちろん場合によっては土地の価値が上がる可能性もありますが、同時に価値が下がる可能性もあると考えられるのです。
近年では生産緑地による2022年問題で、住宅地の大量配給により土地の市場価値に変化が現れる可能性が指摘されています。
もし住宅地が大量配給された場合、土地の相場価格が下がる可能性が高いです。
土地の相場価格は複数の要因が複雑に絡み合っているため予測はできませんが、早めに売却しないと価値が下がってしまうケースもあるでしょう。

節税効果があるから

もし居住用財産を売却する場合、3,000万円の特別控除を利用できる場合があります。
この特別控除があれば、譲渡所得税が課税された場合でも、納税が免除されるため、金銭的負担をカバーできます。
しかし、特別控除を利用して節税するためには、居住用財産は住まなくなってから3年後の年末までに売却する必要があるのです。
期間を過ぎてしまうと特別控除を利用できなくなり、通常どおり税金が課せられます。
特別控除を利用する場合としない場合では、金銭状況が全く異なるため、多くの方は「何としても利用したい」と考えるのです。
そのため、「家や土地を早く売りたい」と考え、急いで手続きをおこなうのです。

▼この記事も読まれています
未接道物件でも売却できる?上手な売却方法をご紹介

不動産の早期売却が迫られるケースとは

不動産の早期売却が迫られるケースとは

状況によっては不動産の早期売却が迫られるケースがあります。
以下でどのようなケースがあるのか見てみましょう。

ローン返済に影響が出ているケース

住宅ローンを組んでマイホームを購入した場合、ローン返済が必要です。
しかし、病気やリストラなどの事情が関係し、ローンの返済ができなくなる場合があります。
多少遅延してしまう程度であれば、どうにか支払いを続けられますが、遅延が数か月間続いてしまうと状況を立て直せなくなります。
その際に多くの方が考える方法は、任意売却です。
任意売却をするとマイホームの売却価格をローンの返済に充てられるため、家を失ってしまうものの、通常の生活に戻れます。
生活を立て直せるメリットもあるため、すぐにでも売却をしたいと考えるのが一般的と言えるでしょう。
先述したように、建物の価値は年月が経過すればするほど下がっていきます。
少しでも早く売却したほうが、多くの資金を確保できるため、生活を立て直せるメリットがあります。
反対に、売却が遅くなってしまうと手に入る金額も少なくなり、住宅ローンを全額返済できません。
このような問題を避けるためにも、早めに家を売ったほうがいいと言えるでしょう。

離婚をしたケース

離婚をする際は、財産分与が必要です。
たとえば預貯金がある場合、簡単に夫婦間で分けられますが、不動産はお互いに分け合えません。
そのため、離婚が決まった場合は、家を売却して現金化してから財産分与するのが一般的です。
現金化すれば平等に分け合えるため、お互いに不満を残す心配もありません。
また、近年ではペアローンで家を購入する家庭も増えています。
ペアローンで購入した家が残ったままだと、後々複雑な手続きが必要になる場合があるため、早めに現金化したほうが良いと考えられるでしょう。

相続が必要なケース

相続が発生した際も、早めに売却するのがおすすめです。
たとえば、家が相続財産として残っていたとしても、相続人同士で分け合うのは不可能です。
これは、先述した夫婦間の離婚と同様の問題が考えられます。
そのため、相続の際も現金化をして財産分与をおこないます。
この場合の手続きは換価分割と呼ばれており、現金化によって相続人同士が平等に遺産を分け合える方法です。
相続が発生した場合も、早期の売却が迫られるケースとして考えられます。

▼この記事も読まれています
地下室付きの家の売却!売却しにくい原因とメリットや売却のコツをご紹介

不動産を早く売る最短ルート

不動産を早く売る最短ルート

物件を早く売りたい場合、何をすべきなのでしょうか。
以下で最短ルートを詳しく見てみましょう。

不動産会社に買取してもらうのがベスト

最短ルートは、やはり不動産会社に買取してもらう方法です。
通常は物件を売却する際、買主を見つけなくてはなりません。
販売活動を経て買主を見つけ、契約手続きをおこないますが、この手続きが終わるまで数か月間かかります。
なかにはいつまで経っても買主が見つからず、物件がなかなか売却できないケースもあります。
急いでいるときに売却ができないと、離婚や相続など複雑な事情にも悪影響が及んでしまうでしょう。
しかし、不動産会社が買い取ってくれる方法なら、早くて数日で現金化が可能です。
少しでも早く売りたい場合、買取がベストであると考えられるでしょう。

仲介手数料がかからない

通常は物件を売却する際に、仲介手数料がかかります。
これは業者が間に入り、取引を仲介するためです。
しかし、業者に直接物件を売る方法は、そもそも仲介が発生しないため、手数料の支払いも必要ありません。
また、契約不適合責任も免除されるため、精神的負担が少ないメリットもあります。
ただし、売却価格は相場よりも1~3割下がるのが一般的です。
早く売却できる代わりに、価格が下がる点を理解しておきましょう。

スムーズに売却できるよう準備を

すぐに売却手続きができるよう、書類を準備しておきましょう。
たとえば買取依頼の際には、権利書や住宅ローン返済予定表などがあるとスムーズです。
事前に書類が揃っていれば、売却にかかる時間を短縮できます。
また、境界石のチェックもおこなっておくと、業者との話し合いが円滑になります。
すぐにでも現金化をして、問題を解決したいと考えている方は、ぜひ実践してみてください。
現金化を早期におこなえば、さまざまな負担を減らせるかもしれません。

▼この記事も読まれています
不動産売却にかかる税金とは?種類と節税のコツを解説

まとめ

不動産を早く売りたい理由として、ローンの返済や離婚など、さまざまな問題が考えられます。
もし早期の売却を迫られているなら、最短ルートで現金化できる買取を選択し、負担を解消するのがおすすめです。
ベストな方法が必ずあるので、一つだけでなく、さまざまな方法を調べましょう。

株式会社リードホームへのお問い合わせはこちら


株式会社リードホームの写真

株式会社リードホーム スタッフブログ編集部

都心・城南エリアで土地・一戸建て・マンションをお探しの方のために結束したファミリータイプ住宅売買の専門集団です。目黒区・港区・渋谷区・世田谷区・品川区・大田区の居住用物件のみに特化しております。ブログでは不動産売却などの記事をご提供します。


≪ 前へ|第二種住居地域とは?建てられる建物やこの土地を購入するメリットも解説   記事一覧   建売住宅 VS 注文住宅!マイホーム購入するならどちらがいいのか解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

目黒区八雲4丁目

目黒区八雲4丁目の画像

価格
5億9,000万円
種別
売地
住所
東京都目黒区八雲4丁目
交通
都立大学駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

世田谷区尾山台1丁目

世田谷区尾山台1丁目の画像

価格
7,980万円
種別
売地
住所
東京都世田谷区尾山台1丁目
交通
田園調布駅
徒歩17分

トップへ戻る