リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 不動産売却の依頼は大手と地元の不動産会社どちらがいい?選び方をご紹介

不動産売却の依頼は大手と地元の不動産会社どちらがいい?選び方をご紹介

≪ 前へ|埋蔵文化財包蔵地とはどんな土地?家を建築する際の手続きの流れを解説   記事一覧   新たな住まいとしての再生住宅とは?メリットやおすすめしたい方をご紹介!|次へ ≫

不動産売却の依頼は大手と地元の不動産会社どちらがいい?選び方をご紹介

不動産売却の依頼は大手と地元の不動産会社どちらがいい?選び方をご紹介

初めて不動産売却をおこなうとき、大手や地元などの多くの不動産会社があるが、どこに依頼をすれば良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。
不動産会社は、不動産売却における集客や内覧などをおこない、買い手と契約を交わして物件の引き渡しまでの長い期間をサポートしてくれる強い味方です。
今回は、不動産売却をおこなう方向けに、大手と地元それぞれの不動産会社の特徴と、不動産会社選びに迷ったときの選び方についてご紹介します。

株式会社リードホームへのお問い合わせはこちら


不動産売却における大手不動産会社の特徴

不動産売却における大手不動産会社の特徴

大手不動産会社は、全国にチェーン店を展開しているため、ネットワークが広いのが特徴です。
不動産売却における大手不動産会社の特徴について、以下にご紹介します。

紹介できる顧客数が多い

大手不動産会社は、全国に数々のチェーン店を展開し、多くの顧客を確保できているのが特徴です。
多くの顧客に物件を紹介できるため、購入希望者が見つかる可能性が高いです。
そして、購入希望者が見つかる可能性が高まると、売却できる確率が上がるため、より早期の売却が期待できます。
そのため、不動産をなるべく早く売却したい方は、大手不動産会社に依頼するのがおすすめです。

広告宣伝力がある

大手不動産会社だと資金力が高く、広告宣伝費に対する予算が高いのも特徴の一つです。
広告宣伝費の予算が高いと、インターネットや折り込みチラシだけではなく、テレビやラジオ、雑誌などのあらゆる媒体を活用して宣伝することが可能です。
そのため、広告を通じて世間への認知度が高くなり、顧客からの信頼も得られやすいでしょう。
そして、結果的に大手不動産会社へ問い合わせたり、訪問したりする顧客も多くなるのです。
また、あらゆる広告媒体によって物件情報も多くの顧客の目にとまるため、売却できる確率を高めることができるのです。
世間の信頼度が高い会社に仲介を依頼したい方は、大手不動産会社を選ぶと良いです。

質の高いサービスが受けられる

大手不動産会社は、従業員の教育を徹底しているため、質の高いサービスが受けられるのも特徴の一つといえます。
大手不動産会社だと、事業部門を細分化し、それぞれの専門性を高めているケースがほとんどだからです。
また、業務マニュアルや研修制度も充実しているため、従業員の質も高いといえます。
売却までに長い期間を要する不動産売却の活動中においても、信頼のおける気持ちの良い対応を受けられるでしょう。
安心感を持って売却活動をしたい方は、大手不動産会社へ不動産売却を依頼するのがおすすめです。

▼この記事も読まれています
未接道物件でも売却できる?上手な売却方法をご紹介

不動産売却における地元の不動産会社の特徴

不動産売却における地元の不動産会社の特徴

地元の不動産会社は、地域に根付いているため、情報量の多さや柔軟性の高さなどが特徴として挙げられます。
不動産売却における地元の不動産会社の特徴について、以下にご紹介します。

地域特性に詳しい

地元の不動産会社は、地域に限定して営業展開しているケースが多く、地域特性を把握しているのが特徴です。
地域に根付いた営業をしているため、その地域の細かい情報に特化しています。
たとえば、学校区や人気のスーパーマーケット、人気のある塾などの生活に密着した情報などです。
不動産売却における交渉時に、買い手に物件の情報だけでなく、地域情報をアピールできるため、より売却しやすくなるでしょう。
また、地域に根付いた会社ならではの人脈を持っている不動産会社があるのも特徴です。
独自の人脈によって、大手不動産会社では取り扱えない物件を取り扱っている可能性もあります。
売却したい不動産がある地域に詳しい情報を持つ不動産会社に仲介を依頼したい方は、地元の不動産会社に不動産売却を依頼すると良いでしょう。

柔軟性が高い

地元の不動産会社だと、無理難題にも柔軟に対応してくれる可能性が高いのも特徴です。
地元の不動産会社は大手不動産会社と違い、厳しいルールに沿った業務マニュアルや規定がない会社も存在します。
業務マニュアルや規定がないと聞くと、不安に思う方もいると思いますが、逆に不必要な縛りがないため、顧客の相談に柔軟に対応しやすいという利点があります。
大手不動産会社に仲介を断れた取り扱いにくい不動産を売却したい場合、地元の不動産会社に相談してみると良いでしょう。
地元の不動産会社ならではのネットワークによって、取り扱いにくい不動産の売買取引をおこなえるため、問題がある不動産でも引き受けてくれることが多いといえます。
築年数が経っている建物や狭い土地、相続で取得した不動産などを売却したい方は、地元の不動産会社へ依頼するのがおすすめです。

コミュニケーションが取りやすい

地元の不動産会社は、担当者が顧客一人ひとりと向き合う時間を持つことができ、コミュニケーションが取りやすいのも特徴の一つといえます。
担当者が親身になって相談に乗ってくれると、大切な不動産を安心して任せられます。
また、不動産売却における疑問点が出てきたときも、気軽に質問ができる関係を築きやすいでしょう。
地元の不動産会社は、安心して任せられる担当者に不動産売却を依頼したい方向けです。

▼この記事も読まれています
地下室付きの家の売却!売却しにくい原因とメリットや売却のコツをご紹介

大手と地元のどちらに不動産売却を依頼するか迷ったときの選び方

大手と地元のどちらに不動産売却を依頼するか迷ったときの選び方

大手と地元のそれぞれの特徴を理解したとしても、どちらの不動産会社に依頼をすれば良いのか迷う方も多いでしょう。
迷ったときの不動産会社の選び方について、以下にご紹介します。

実績を確認する

不動産会社の選び方に迷ったときは、ご自身の売却したい不動産を得意分野とし、多くの売却実績を積み重ねている不動産会社であるかを確認すると良いです。
たとえば、土地を売却したい場合には、土地の売却実績が多い不動産会社を選びます。
不動産会社によって、得意とする不動産が異なります。
そのほかにも、不動産があるエリアや間取り、築年数などの条件が似ている物件を売却した実績があるとなお良いです。
気になる不動産会社が見つかったら、査定依頼時に不動産売却実績を資料として提示してもらうように依頼しましょう。

査定の根拠が明確である

不動産会社の選び方に迷ったときは、不動産会社に査定を依頼した場合、納得のできる根拠を説明してくれるかどうかを確認すると良いです。
査定とは、売却できる価格を予想して算出されているため、市場や不動産を見極める力が試されます。
しかし、不動産の仲介を依頼してもらうために故意に高い査定額を提示したり、早期売却のために故意に安い査定額を提示したりする不動産会社が存在する点には注意が必要です。
査定書には、査定額の根拠のコメントが掲載されているため、納得のいく内容であるかを確認しましょう。
また、あらかじめ売却したい不動産がある地域の相場価格を調べておくのもおすすめです。
レインズ・マーケット・インフォメーションは、国土交通大臣が指定する4つの不動産流通機構が保有する不動産の成約価格などの取引情報を公開しているサイトです。
土地総合情報システムは、国土交通省が運営する不動産の取引情報サイトで、不動産の取引価格や地価公示・都道府県地価調査の価格を閲覧できます。
レインズ・マーケット・インフォメーションと土地総合情報システムは、それぞれ不動産取引の相場価格を提供しますが、情報の詳細度や範囲が異なります。
これらの情報を基に、ご自身が売却したい不動産の立地や建物の条件などを考慮し、大手か地元の不動産会社を選ぶと良いでしょう。

売却したい不動産の条件で決める

不動産会社の選び方に迷ったときは、ご自身が売却したい不動産の立地や建物の条件などを考慮し、大手か地元の不動産会社を選ぶと良いでしょう。
たとえば、人気のエリアにあったり最新の設備が設置されてたりする不動産だと、大手不動産会社を選ぶのがおすすめです。
大手不動産会社だと、多くの顧客を抱えているため、購入希望者が多いと希望価格で売却できる可能性が高まります。
一方、郊外にあったり築年数が経っていたりする不動産だと、地元の不動産会社を選ぶのがおすすめです。
地元の不動産会社だと、独自のネットワークによって売却しにくい不動産でも売却に導いてくれる可能性があります。
売却したい不動産の条件や特徴によって、不動産会社を選びましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却にかかる税金とは?種類と節税のコツを解説

まとめ

不動産売却における大手不動産会社はネットワークの広さから、抱えている顧客層が多く、質の高いサービスが受けられるのが特徴です。
一方で、地元の不動産会社は、地元特有の情報量の多さや柔軟性の高さなどが特徴です。
大手と地元の違いを理解しても不動産会社が選べないときは、不動産会社の実績を確認したり、売却したい不動産の条件から選びましょう。

株式会社リードホームへのお問い合わせはこちら


株式会社リードホームの写真

株式会社リードホーム スタッフブログ編集部

都心・城南エリアで土地・一戸建て・マンションをお探しの方のために結束したファミリータイプ住宅売買の専門集団です。目黒区・港区・渋谷区・世田谷区・品川区・大田区の居住用物件のみに特化しております。ブログでは不動産売却などの記事をご提供します。


≪ 前へ|埋蔵文化財包蔵地とはどんな土地?家を建築する際の手続きの流れを解説   記事一覧   新たな住まいとしての再生住宅とは?メリットやおすすめしたい方をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


目黒区柿の木坂2丁目

目黒区柿の木坂2丁目の画像

価格
2億1,800万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区柿の木坂2丁目
交通
都立大学駅
徒歩12分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る