リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 建売住宅の維持費はどのくらい?年間平均や維持費を抑える方法をご紹介

建売住宅の維持費はどのくらい?年間平均や維持費を抑える方法をご紹介

≪ 前へ|土砂災害警戒区域内の土地でも売買できる?売買への影響をご紹介   記事一覧   土地活用としての資材置き場はおすすめ?メリットや注意点をご紹介|次へ ≫

建売住宅の維持費はどのくらい?年間平均や維持費を抑える方法をご紹介

建売住宅の維持費はどのくらい?年間平均や維持費を抑える方法をご紹介

建売住宅を購入すると、住宅ローンの返済だけでなくさまざまな維持費がかかります。
購入してから資金不足にならないためにも、必要な維持費を資金計画に入れておくことが重要です。
この記事では、建売住宅にかかる維持費の種類や年間平均、維持費を抑える方法をご紹介します。


建売住宅にかかる維持費の種類

建売住宅にかかる維持費の種類

建売住宅にかかる維持費を知るためには、どんな項目にどの程度の費用がかかるのかを知っておくことが必要です。
建売住宅を購入したあとにかかる維持費の種類をご紹介します。

税金

建売住宅には、主に固定資産税と都市計画税の2つの税金が課されます。
いずれの税金も、1月1日時点で所有している土地や建物に対して課税されるものです。
固定資産税は、不動産などを所有している方に毎年課税される税金で、建売住宅を購入した際には土地と建物の両方に課税されます。
税額は固定資産税評価額に標準税率である1.4%を乗じた額で、住宅によっても異なりますが、一戸あたり10万円~20万円が目安です。
都市計画税は、都市計画区域内に不動産を所有している方に課税される税金です。
税額は固定資産税評価額に最大0.3%の標準税率を乗じた額で、税率は自治体によって異なります。

メンテナンス費用

住宅は住むうちに不具合が出てくるため、長期間快適に住み続けるためにはメンテナンスが欠かせません。
細かい部分の修繕から大規模なリフォームまで内容はさまざまで、規模や内容によっても費用が異なります。
小規模なメンテナンスであれば数十万円~数百万円程度ですが、大規模なリフォームでは1,000万円程度かかるケースもあります。

保険料

建売住宅の購入後に保険に入るかどうかは任意ですが、住宅ローンの利用条件に火災保険の加入が挙げられているため、建売住宅の購入時には火災保険に加入するのが一般的です。
火災保険に加入すると、火災をはじめ台風や洪水などで建売住宅に被害が出た場合にも保険金が受け取れます。
ただし、地震によって発生した被害は補償されないため、地震による損害に備える場合は地震保険にも加入しなければなりません。
保険料は補償の内容によって異なり、火災保険のみでは年間1万円~3万4,000万円程度のものが多く、5年間や10年間などの一括払いでは保険料が安くなります。
地震保険の保険料は近年増加傾向にあり、火災保険と同じく年間1万円~3万4,000円程度かかるケースが一般的です。

その他の維持費

これら以外にも、ホームセキュリティにかかる費用や自治会費などがかかるケースがあります。
快適に住み続けるためには欠かせない費用なので、かかる金額を計算して準備しておきましょう。

▼この記事も読まれています
リノベーションで人気のミッドセンチュリーとは?特徴やコツをご紹介

建売住宅の維持費の平均金額

建売住宅の維持費の平均金額

建売住宅の維持費の種類が把握できたら、1年間でどれほどの費用がかかるのか計算する必要があります。
また、ほかの年と比較して維持費が高くなる年もあるため、住みはじめて何年目にどの程度出費があるのかも把握しておくと良いでしょう。
建売住宅の維持にかかる費用の平均をご紹介します。

1年間でかかる維持費

1年間で建売住宅の維持にかかる費用は年間30万円程度が目安ですが、高額になると60万円程度かかるケースもあります。
主な内訳は、毎年課税される税金が10万円~20万円、保険料が1万円~10万円、その他の費用が0円~10万円です。
これらの費用にくわえて、メンテナンスに必要な費用を積み立てておく必要があります。
メンテナンスは5年~10年周期でおこなうため毎年必要になるわけではありませんが、費用が高額になるため積み立てをしておくと安心です。
メンテナンス費用の積み立ては、毎年10万円~20万円程度あると良いでしょう。

修繕費が高くなる年

前述のとおり、建売住宅は5年~10年周期でメンテナンスをする必要があるため、メンテナンスをおこなう年は修繕費が高くなります。
メンテナンスの内容は、築年数によっても異なります。
たとえば、新築から5年~10年経過したら防蟻処理と外壁・屋根塗装を検討するのがおすすめです。
防蟻処理にかかる費用はおよそ10万円、外壁・屋根塗装にかかる費用は100万円~150万円が目安です。
そのほか、バルコニーの防水処理や雨戸の張り替えが必要になるケースもあります。
新築から15年~20年経過したら、再度、防蟻処理と外壁・屋根塗装をおこないます。
フローリングやクロス、給湯設備の経年劣化が目立つタイミングなので、張り替えや入れ替えを検討しても良いでしょう。
新築から20年~30年経過すると、ライフスタイルの変化によりリフォームも視野に入れる必要があります。
老後を見越してバリアフリーにリフォームするのもおすすめです。
このように、住宅は5年~10年周期でまとまったメンテナンス費用が必要になり、その費用は15年で350万円とも言われます。
1年あたりに換算してもおよそ20万円と高額になるため、メンテナンスをしない年でも積み立てをしておくと安心です。

▼この記事も読まれています
古民家をリノベーションする魅力とは?費用や活用できる補助金をご紹介

建売住宅の維持費を抑える方法

建売住宅の維持費を抑える方法

建売住宅の維持費は快適に住み続けるうえで必要不可欠ですが、維持費を抑える方法はいくつか存在します。
建売住宅の維持費を抑える代表的な方法をご紹介します。

メンテナンスフリーの建築材を選ぶ

メンテナンスフリーと呼ばれる耐久性の高い建築材が、外壁や屋根に使われている建売住宅を買えば、維持費を抑えることが可能です。
建売住宅では窯業サイディングが多く使用されていますが、同じ窯業サイディングでもグレードが高いほうがメンテナンスが容易です。
サイディングと同じくらいのコストであれば、耐久性とメンテナンス性に優れたガルバニウム鋼板を選ぶという選択肢もあります。
ただし、メンテナンスフリーの建築材はコストがかかるため、耐久性に見合う金額かどうかを確認したうえで購入すると良いでしょう。
また、メンテナンスが一切不要な建築材は存在しないので、メンテナンスフリーの建築材でも適切なメンテナンスをする必要がある点にも注意が必要です。

こまめなメンテナンスをする

メンテナンスにかけるお金を節約するために何もせず放置していると、住宅の劣化が進んで必要以上に維持費がかかってしまうおそれがあります。
維持費を抑えるためには、適切なタイミングでメンテナンスをすることが重要です。
不具合を放置すると大掛かりなメンテナンスが必要になるケースが多いため、気になる不具合がないかどうか、普段からセルフチェックを心掛けると良いでしょう。
こまめに清掃するなど、日頃からメンテナンスを心掛けて住宅をきれいに保つことも維持費の削減につながります。
こまめなメンテナンスできれいに保たれた住宅は、将来的に売却することになった際に高値で売却できる可能性が高まるでしょう。

火災保険料を抑える

火災保険では、火災をはじめ落雷や雪災、水災などさまざまな災害への補償を追加することが可能です。
しかし、補償される内容を増やすと、その分保険料が高額になってしまいます。
そのため、火災保険料を抑えたいと思ったら、まずは不要な補償がないかどうかを確認してみましょう。
必要なものは補償を付けて不要なものを外せば、火災保険料を抑えられます。

▼この記事も読まれています
スケルトンリフォームで後悔しないために知っておきたい情報をご紹介

まとめ

建売住宅の維持には、毎年税金や火災保険料などがかかるほか、5年~10年周期でメンテナンスが必要になります。
維持費は年間で30万円程度かかるのが一般的なので、建売住宅を購入する際には維持費も資金計画に組み込んだうえで予算を検討すると良いでしょう。


株式会社リードホームの写真

株式会社リードホーム スタッフブログ編集部

都心・城南エリアで土地・一戸建・マンションをお探しの方のために結束したファミリータイプ住宅売買の専門集団です。目黒区・港区・渋谷区・世田谷区・品川区・大田区の居住用物件のみに特化しております。ブログでは不動産売却などの記事をご提供します。


≪ 前へ|土砂災害警戒区域内の土地でも売買できる?売買への影響をご紹介   記事一覧   土地活用としての資材置き場はおすすめ?メリットや注意点をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る