リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > スケルトンリフォームで後悔しないために知っておきたい情報をご紹介

スケルトンリフォームで後悔しないために知っておきたい情報をご紹介

≪ 前へ|土地売買契約の流れとは?手続きや必要書類をご紹介   記事一覧   新築一戸建てを買うなら知っておきたいこどもエコすまい支援事業をご紹介|次へ ≫

スケルトンリフォームで後悔しないために知っておきたい情報をご紹介

スケルトンリフォームで後悔しないために知っておきたい情報をご紹介

自宅や中古住宅のリフォームをご検討中の方のなかには、「スケルトンリフォーム」という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
リーズナブルに理想の住まいが実現できることから近年人気が高まっているスケルトンリフォームですが、しっかり対策をしておかないと後悔が残る恐れもあります。
この記事では、スケルトンリフォームとは何かという概要とそのメリットのほか、後悔しないために知っておきたいポイントをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

スケルトンリフォームとは?後悔しないために知っておきたい概要をご紹介

スケルトンリフォームとは?後悔しないために知っておきたい概要をご紹介

スケルトンリフォームとは、住居の内装や設備をすべて解体・撤去しておこなう規模の大きなリフォームのことです。
スケルトンリフォームの「スケルトン」とは、英語で「骨組み」を意味します。
その名のとおり、柱や梁などの住宅の骨組みにあたる部分だけを残しておこなうリフォームがスケルトンリフォームです。
骨組み以外をまるごと変えるため、間取りを変更できるだけでなく、通常のリフォームでは難しい排水管の移動をともなう水回りの変更も可能です。
古い住宅でも内装を一新できるので、家を建て替えることなく新築のような住み心地にできるのも魅力です。
思い入れのある家を取り壊すことなく住みやすい間取りに変更したい方や、建築条件によって建て替えができない方におすすめのリフォーム方法です。

スケルトンリフォームにおける工事範囲

スケルトンリフォームにおける工事の範囲は、マンションと一戸建てで少し異なります。
マンションにおけるスケルトンリフォームは、室内のコンクリートの地肌が見えるまで解体・撤去したうえでリフォーム工事をおこないます。
ただし、リフォームできるのは専有部分だけであり、外壁や玄関ドアなど共有部分のリフォームはできません。
マンションの管理規約でリフォームの内容や範囲が制限されているケースが多いため、スケルトンリフォームをおこなう前に管理規約を確認しておきましょう。
一方、一戸建てにおけるスケルトンリフォームでは、外壁や屋根などもすべて含めて解体・撤去し、基礎や柱、梁など住宅の基盤だけを残したうえで工事をおこないます。

「フルリフォーム」や「リノベーション」とは何が違う?

スケルトンリフォームとよく似たもので、「フルリフォーム」や「リノベーション」があります。
フルリフォームは、壁紙や床などをすべて刷新する比較的小規模な工事も含まれるなど、スケルトンリフォームよりも対象の範囲が広いのが特徴です。
スケルトンリフォームは、フルリフォームのなかの1つだと考えて良いでしょう。
一方、リノベーションは住み心地をアップデートする工事のことを指し、スケルトンリフォームとほぼ同じ意味で使われています。

スケルトンリフォームで後悔しやすいポイント

スケルトンリフォームで後悔しやすいポイント

スケルトンリフォームを成功させるためには、実際にスケルトンリフォームをした方が経験した後悔しやすいポイントを事前に把握しておくことがおすすめです。
ここでは、スケルトンリフォームで後悔しやすい主なポイントをご紹介します。

構造上間取りが変更できないケースがある

スケルトンリフォームの大きな魅力が間取りの変更ができることですが、構造上制限が出るケースもあります。
たとえば、壁で建物を支える構造の「壁式構造」で建築されたマンションでは、壁を自由に取り外して間取りを変更することができません。
一戸建てでも、壁で建物を支える「2×4(ツーバイフォー)工法」で建てられた物件には取り外せない壁があります。
これらに該当しない物件でも、耐震性能の問題上建物を支える構造を変更できないケースのほか、水回りの移動に制限が出るケースもあります。
スケルトンリフォームで間取りを変更したい場合には、希望の間取りが構造上実現できるかどうかを確認しておきましょう。

予算オーバーのリスクがある

建売住宅や分譲マンションのように定価が決まっていないスケルトンリフォームでは、予算オーバーになるリスクが高いことも注意したいポイントです。
設備のグレードを変えるだけで総額が100万円近く変わることも多く、つい予算オーバーしてしまうことも少なくありません。
また、解体してから建物の劣化や腐食がわかり、補修費用が追加でかかるケースもあります。
予算オーバーして後悔するのを防ぐためにも、早い段階から予算を決めておくのがポイントです。

工事期間が長い

大規模な工事をおこなうスケルトンリフォームでは、一般的なリフォームよりも工事期間が長くなってしまいます。
工事期間だけでも3か月ほどかかるのが一般的で、打ち合わせを含めると半年近くかかるケースもあります。
慌てて決めると後悔が残りやすくなるので、時間がかかることを念頭に置き、余裕のあるスケジュールを組みましょう。
また、現在住んでいる家でスケルトンリフォームをおこなう場合、工事中は住めないため、数か月間生活できる仮住まいの用意が必要になります。
仮住まいの賃料や引っ越し代金の用意はもちろん、仮住まい探しも計画的におこないましょう。

後悔しないために知っておきたいスケルトンリフォームのメリット

後悔しないために知っておきたいスケルトンリフォームのメリット

これまでスケルトンリフォームの後悔しやすいポイントをご紹介しましたが、メリットも多くあります。
スケルトンリフォームで後悔しないためにも、後悔しやすいポイントだけではなくメリットも把握しておきましょう。

新築や建て替えよりリーズナブル

スケルトンリフォームの代表的なメリットは、比較的リーズナブルな価格で快適な住まいを実現できることです。
住宅の骨組みを活用できるため、新築や建て替えよりもリーズナブルでありながら、新築同様の住宅にできます。
ただし、前述のとおり、グレードの高い設備を使用したり建物の劣化が激しい場合は費用が高くなるため注意が必要です。

間取りを変えられる

スケルトンリフォームでは住宅の骨格のみを残してリフォームをおこなうため、間取りを変更できるのがメリットです。
複数の部屋を1つにまとめたり、1つの部屋を複数の部屋に分割したりと、使いやすい間取りに変更できます。
部屋のなかにもう1つ部屋を作るなど、珍しい間取りを実現できるのも魅力です。
新しく住宅を建てるのと同じように間取りを考えられるのは、スケルトンリフォームならではのメリットだといえるでしょう。

耐震補強や断熱対策ができる

耐震性や断熱性など、住宅の機能をグレードアップできるのもスケルトンリフォームのメリットです。
スケルトンリフォームでは、住宅の基礎や断熱材など、壁や天井の裏側にあるものにも手を加えられます。
たとえば、気密性に欠ける寒い住宅が悩みだった場合、壁や床下、天井裏に断熱材や気密シートを入れて断熱性・気密性を高めれば快適な住宅に生まれ変わります。
また、耐震性が不安な住宅の場合、基礎にコンクリートを打ったり耐震性の高い金物で柱を補強するなど、一般的なリフォームよりも効果の高い耐震補強をおこなうと安心です。
スケルトンリフォームなら、住宅の内装を美しくするのはもちろん、住宅の機能性を高めてより快適な暮らしを実現できます。
最新の設備を追加して住宅をアップグレードできるのは、スケルトンリフォームだからこそ実現できる大きなメリットだといえるでしょう。

まとめ

住宅の骨組みだけを残して工事をおこなうスケルトンリフォームは、比較的リーズナブルに理想の住まいが実現できるなどのさまざまなメリットがある一方、注意点もあります。
工事をしてから後悔しないよう、スケルトンリフォームを検討する際には、後悔しがちなポイントを押さえたうえでよく検討しましょう。


株式会社リードホーム スタッフブログ編集部

都心・城南エリアで土地・一戸建・マンションをお探しの方のために結束したファミリータイプ住宅売買の専門集団です。目黒区・港区・渋谷区・世田谷区・品川区・大田区の居住用物件のみに特化しております。ブログでは不動産売却などの記事をご提供します。


≪ 前へ|土地売買契約の流れとは?手続きや必要書類をご紹介   記事一覧   新築一戸建てを買うなら知っておきたいこどもエコすまい支援事業をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区中町2丁目

目黒区中町2丁目の画像

価格
1億3,000万円
種別
売地
住所
東京都目黒区中町2丁目
交通
祐天寺駅
徒歩8分

目黒区目黒3丁目

目黒区目黒3丁目の画像

価格
1億2,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区目黒3丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

トップへ戻る