リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > リノベーションでも使えるローンは?種類やメリット・デメリットをご紹介

リノベーションでも使えるローンは?種類やメリット・デメリットをご紹介

≪ 前へ|弊社は子ども支援のため「はるな愛の子ども食堂」に50万円の寄付をいたしました。   記事一覧   相続税の物納とは?土地を相続する前に知っておきたい情報をご紹介|次へ ≫

リノベーションでも使えるローンは?種類やメリット・デメリットをご紹介

リノベーションでも使えるローンは?種類やメリット・デメリットをご紹介

高額な費用がかかることも多いリノベーションでは、費用を自己資金でまかなえない場合にローンを利用するケースもあります。
リノベーションでもローンは利用できますが、メリットだけでなくデメリットもある点に注意が必要です。
この記事では、リノベーションで利用できるローンについて、利用するにあたってのメリット・デメリット、ローン申し込みのタイミングなどをご紹介します。

リノベーションに使えるローン

リノベーションに使えるローン

リノベーションに利用できるローンは、リフォームローンと住宅ローンの2種類です。
それぞれのローンについてご紹介します。

リフォームローンとは

リフォームローンとは、住宅のリフォームやリノベーションのために利用できるローンです。
商品によってはリノベーションローンと呼ばれることもありますが、名前が異なる商品でも基本的にはリフォームローンに該当します。
所有しているご自宅のリフォーム・リノベーションはもちろん、新たに購入する住宅のリノベーションにも使用できます。
リフォームローン単体では有担保型の商品はあまり多くなく、無担保型の商品が一般的です。
そのため、自宅に抵当権を設定する一般的な住宅ローンと比較すると、金利が高めに設定されています。
また、借り入れ額は数十万円~1,000万円程度と住宅ローンよりも少なめで、借り入れ年数も住宅ローンより短く設定されることが多いです。

住宅ローンとは

住宅ローンとは、住宅の購入費用を補うためのローンで、借り入れしたローンを、契約者本人や契約者の家族が住む家を購入するための費用として使用することが利用の条件です。
中古住宅を購入してリノベーションする際には、リノベーション費用も住宅ローンに含められるケースがあります。
住宅金融支援機構のフラット35をはじめとする公的ローンだけでなく、民間の金融機関が提供する民間ローンなど、さまざまな種類があります。
ローンを組む際には、担保としてご自宅や土地に抵当権を設定するため、リフォームローンと比較すると金利が低い点が特徴です。
また、数千万円単位の高額の融資を受けられるうえに、借り入れ期間も最長35年と比較的長く設定されています。
ただし、中古住宅を購入する際は新築住宅よりも借り入れ金額の上限が低いケースがあるほか、借り入れ期間も短く設定される可能性があるため注意しましょう。
住宅ローンではご自宅を担保にできますが、中古住宅の担保としての価値は新築住宅と比較すると安くなってしまうことがその理由として挙げられます。

▼この記事も読まれています
リノベーションで人気のミッドセンチュリーとは?特徴やコツをご紹介

リノベーションに利用できるローンのメリット・デメリット

リノベーションに利用できるローンのメリット・デメリット

リノベーションに利用できるローンにはリフォームローンと住宅ローンの2種類がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
ご自身に合ったローンを選択するためにも、それぞれのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

リフォームローンのメリット・デメリット

リフォームローンの主なメリットは、住宅ローンと比較して審査に通過しやすい点です。
審査の基準が比較的緩いため、年収や勤続年数などの条件に不安を感じている方でも安心できるでしょう。
審査にかかる期間も比較的短く、1日~5日程度で審査結果がわかるのもメリットです。
また、無担保型の商品が多いため、担保がなくても融資を受けられます。
一方、リフォームローンの大きなデメリットとして、借り入れ限度額が1,000万円程度と少ないケースが多いことが挙げられます。
大規模なリノベーションをする場合は、リフォームローンを利用しても工事費用を十分に賄えないかもしれません。
さらに、借り入れ期間が最大15年程度と短いうえ、住宅ローンと比較すると金利が高めに設定されていることもデメリットです。
借り入れ額によっては、月々の返済負担が大きくなってしまうおそれもあります。

住宅ローンのメリット・デメリット

リノベーション時に住宅ローンを利用する大きなメリットが、借り入れ限度額の高さです。
実際にどの程度借りられるかは収入によっても異なりますが、限度額を最大1億円としている商品も多いなど、リフォームローンでは受けられない高額な融資が受けられます。
返済期間も最大35年まで設定できる商品が多く、長期間で少しずつ返済できるのも魅力です。
くわえて、ご自宅を担保にするため、無担保のリフォームローンと比べると低い金利でローンを組めます。
さらに、一定の条件を満たせばリノベーションの費用も住宅ローン控除の適用範囲にできるため、金銭的な負担をより軽くできます。
さまざまなメリットがある住宅ローンですが、リフォームローンと比較すると審査が厳しいのがデメリットです。
収入をはじめとした審査要件が厳しく、満額の借り入れが認められない場合やローンが組めない場合もあります。
審査にかかる期間も長く、通常で2週間~3週間程度、繁忙期には1か月半ほどかかるケースもあるため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
古民家をリノベーションする魅力とは?費用や利用できる補助金をご紹介

リノベーションに使えるローンを申し込むタイミング

リノベーションに使えるローンを申し込むタイミング

リノベーションのためにローンを利用する場合、申し込みのタイミングはリフォームローンと住宅ローンのどちらを利用するかによって異なります。

リフォームローンを利用する場合

リフォームローンを利用する場合は、リノベーションのプランと工事にかかる費用が決まったタイミングで申し込みをおこないましょう。
リノベーションを担当する会社からプランと見積もりを出してもらったら、見積もり書をもとにリフォームローンの事前審査と本審査を受けます。
事前審査の段階では見積もり書などの添付書類が不要なケースもあり、本審査の段階で必要書類を揃えれば良い場合もあるため、事前に確認しておくのがおすすめです。
本審査を通過したらリノベーションを担当する会社と工事請負契約を締結し、工事請負契約書などの必要書類をそろえて正式なローン契約を結びます。
その後、リノベーション工事が完了したらその旨を金融機関に連絡するのが一般的な流れです。
リフォームローンは無担保の商品も多いため、抵当権の設定などが必要なく、審査や手続きは住宅ローンと比較するとそれほど複雑ではありません。

住宅ローンを利用する場合

住宅ローンを利用してリノベーションをする場合、まずは中古物件を探す必要があります。
購入する中古物件が決まったら、このタイミングで金融機関にローンの事前審査を申し込みましょう。
事前審査を通過したら、中古物件の不動産売買契約を締結します。
売買契約を締結する際には、契約内容にローン特約を組み込むことがおすすめです。
ローン特約を組み込んでおけば、住宅ローンの本審査に通過できなかった場合、不動産売買契約を白紙に戻せます。
不動産売買契約が締結できたら、リノベーションを担当する会社と工事請負契約を締結し、住宅ローンの本審査に申し込みます。
本審査ではリノベーションにかかる費用を含んだ融資の申し込みをするので、このタイミングでプランを確定しておかなければなりません。
不動産売買契約書をはじめ、リノベーションの工事請負契約書や設計図、見積もり書などの必要書類を揃えて金融機関に提出しましょう。
本審査を通過したら住宅ローンを契約し、中古物件の引き渡しとリノベーション工事に進むのが一般的な流れです。
なお、住宅ローンを利用してリノベーションをする場合は別途リノベーション計画が必要になるため、準備を進めておきましょう。

▼この記事も読まれています
スケルトンリフォームで後悔しないために知っておきたい情報をご紹介

まとめ

リノベーションの際に使えるローンには、リフォームローンと住宅ローンの2種類があります。
リフォームローンと住宅ローンは申し込みのタイミングをはじめとした特徴が異なるほか、それぞれにメリット・デメリットがあります。
それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握して、ご自身に合ったものを選びましょう。

株式会社リードホームの写真

株式会社リードホーム スタッフブログ編集部

都心・城南エリアで土地・一戸建・マンションをお探しの方のために結束したファミリータイプ住宅売買の専門集団です。目黒区・港区・渋谷区・世田谷区・品川区・大田区の居住用物件のみに特化しております。ブログでは不動産売却などの記事をご提供します。


≪ 前へ|弊社は子ども支援のため「はるな愛の子ども食堂」に50万円の寄付をいたしました。   記事一覧   相続税の物納とは?土地を相続する前に知っておきたい情報をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


目黒区柿の木坂2丁目

目黒区柿の木坂2丁目の画像

価格
2億1,800万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区柿の木坂2丁目
交通
都立大学駅
徒歩12分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る