リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 土地購入時に電柱が邪魔なときはどうする?移設できるケースをご紹介

土地購入時に電柱が邪魔なときはどうする?移設できるケースをご紹介

≪ 前へ|土地のデッドスペースとは?活用方法や収益化の方法をご紹介   記事一覧   電柱がある土地は購入していい?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

土地購入時に電柱が邪魔なときはどうする?移設できるケースをご紹介

土地購入時に電柱が邪魔なときはどうする?移設できるケースをご紹介

土地の購入時は、理想的な土地を見つけたはずなのに、不便な位置に電柱があるため、購入するかどうか迷ってしまうケースもあります。
電柱があるからといって諦めるしかないと思っている方が多いかもしれませんが、一定の条件を満たせば、電柱を移設することが可能です。
この記事では、電柱の移設が可能なケースや、移設・撤去にかかる費用などをご紹介します。

土地の購入前に要チェック!電柱が邪魔になるのはどんなケース?

土地の購入前に要チェック!電柱が邪魔になるのはどんなケース?

電柱が邪魔になるのは、敷地の目の前や敷地内に電柱が建っているケースだけではありません。
現状が更地だと気づきにくいですが、住宅などを建設した後で電柱が邪魔だと気づくケースもあります。
土地を購入する前に知っておきたい、電柱が邪魔になってしまうケースをご紹介します。

土地の前面道路の途中に電柱が建っている

土地の前面道路側に電柱が建っている場合、隣地との境界付近であればそれほど邪魔にはなりません。
しかし、境界から数m内側にあると、住宅を建てる際に支障が出てしまうケースがあります。
建物が建っていないときにはあまり気付かず、土地の購入後に間取りプランを検討する段階になって初めて気付くケースも少なくありません。
住宅を建ててからも、車庫の出入り口付近に電柱が建っていると車の出し入れがしにくくなってしまうなどの不便さを感じるでしょう。

支線が土地に重なっている

支線とは、電柱が転倒しないように支える役割を持っているケーブルです。
電柱そのものは邪魔にならない位置にあっても、電柱から伸びている支線が横に張り出して土地に重なるケースも少なくありません。
車庫を作ろうと思っていた場所に支線が重なっていると、車の出し入れの妨げになってしまうおそれがあります。
購入する土地を駐車場などに活用するのであれば、支線が敷地に重なっていてもそれほど邪魔に感じないでしょう。
しかし、住宅や店舗などを建てる場合、支線がある場所によっては間取りのプランを変更せざるを得ないなどの支障が出てしまう可能性があります。

敷地内に電柱が建っている

電柱は道路に建っているイメージが強いかもしれませんが、実は敷地内に電柱が建っているケースもあります。
電柱の存在により使い道のないスペースが発生するおそれがあるだけでなく、景観が損なわれるというデメリットもあります。
土地の購入時にはあまり気にならなくても、住みはじめてみると邪魔に感じてしまうケースも少なくありません。

▼この記事も読まれています
未接道物件でも売却できる?上手な売却方法をご紹介

土地の購入後に邪魔な電柱の移設や撤去はできる?

土地の購入後に邪魔な電柱の移設や撤去はできる?

邪魔な電柱は、基本的には移設させることができます。
しかし、移設が認められない場合もあるため、あらかじめ電柱の所有者に相談して移設できるかどうかを確認しておくことが重要です。
電柱の移設が認められる可能性が高いケースと認められないケース、撤去ができるケースをご紹介します。

電柱の移設が認められる可能性が高いケース

道路から敷地内に電柱を移設する場合や、自身が所有する敷地の中で移設をする場合は、電柱の移設が認められる可能性が高いです。
また、道路内で移設する場合も、公道であれば道路を管理する自治体から許可が得られれば、移設が認められる可能性が高くなります。
ただし、道路内での移設の場合は、ご自身が所有する敷地の前面の範囲内に限られることがほとんどです。
隣の敷地の前に移設するには隣の敷地の所有者から許可を得る必要があるため、ご自身の土地の前から電柱をなくすことは難しいでしょう。
また、移設が認められやすいケースでも、技術的な問題により電柱の移設ができないことがあります。
実際に移設できるかどうかはケースバイケースなので、電柱の所有者である電力会社またはNTTに相談しましょう。

電柱が移設できないケース

電柱が建っている場所によっては、電柱の移設ができないケースがあります。
たとえば、住宅密集地では隣地との境界線が狭く電柱を建てる場所が確保できないなどの理由から、電柱の移設が認められないケースが多いです。
地下に水道管やガス管などの埋設物がある場合も、電柱の移設が難しくなってしまいます。
また、移動距離が短すぎる場合も電柱の移設ができません。
電柱の移設は、新しい電柱を建てて電線を架け変えてから古い電柱を撤去するという工程でおこないます。
電柱の距離が近すぎると工事の際に支障が出てしまうため、短い距離の移設は認められないケースが多いです。
くわえて、敷地内や私道から公道への移設の場合も、道路の安全性やバリアフリーなどを理由に自治体から断られるケースが多く見られます。

電柱の撤去はできる?

電柱の撤去は、使用されていない古いものに限り可能です。
倒壊のリスクを防ぐためにも、使われていない古い電柱は撤去してしまったほうが良いでしょう。
ただし、電線が通っていて現在でも使用されている電柱は、撤去ができないため注意が必要です。
使用中の電柱が邪魔な位置に建っている場合、撤去ではなく邪魔にならない場所に移設する必要があります。

▼この記事も読まれています
地下室付きの家の売却!売却しにくい原因とメリットや売却のコツをご紹介

土地の購入前に要チェック!邪魔な電柱の移設に必要な費用

土地の購入前に要チェック!邪魔な電柱の移設に必要な費用

電柱の移設には工事が必要なので、当然ながら工事費用がかかります。
工事に必要な費用を誰が負担するかはケースによって異なるため、事前に確認しておくと安心です。
邪魔な電柱の移設や撤去にかかる費用をご紹介します。

移設に必要な費用

電柱の移設に必要な費用は、1本あたり15万円~35万円程度が相場です。
業者によって費用は異なりますが、ある程度の費用がかかってしまうことを把握しておきましょう。
電柱の移設工事の費用が高額になってしまう理由として、電柱は地中深くまで掘って埋められているため工事が大規模になることが挙げられます。

邪魔な電柱の移設に必要な費用は誰が負担する?

前述のとおり、電柱の移設には1本あたり15万円~35万円程度と安くない費用がかかります。
電柱の移設工事に必要な費用は誰が負担することになるのかが気になる方も多いのではないでしょうか。
実は、電柱の移設工事に必要な費用を誰が負担するかはケースバイケースであり、電力会社が負担することもあれば移設を依頼した施主が負担することもあります。
電柱は公共のものなので、移設費用は電力会社や自治体に負担してもらいたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、電柱の移設に必要な費用は施主が負担するのが原則です。
道路内で電柱を移設する場合は、施主が工事費用を負担しなければならないケースがとくに多いため注意しましょう。
ただし、ケースによっては電力会社が費用を負担してくれるケースもあります。
たとえば、公道に建っている電柱を敷地内に移設する場合は、電力会社が費用を負担するケースが多いです。
工事の内容や電力会社によっても対応が異なるため、費用負担について事前に確認しておくと良いでしょう。

電柱の撤去に必要な費用は誰が負担する?

邪魔な電柱を撤去する場合、土地の所有者などの施主が費用を負担するのが一般的です。
電柱を撤去する工事は、電柱1本あたり10万円~20万円ほどの費用がかかります。
古くて使われていない電柱であっても、勝手に撤去すると電柱代を弁償しなければならないので注意しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却にかかる税金とは?種類と節税のコツを解説

まとめ

電柱が敷地の前や敷地内に建っている場合、電柱の支線が敷地に重なっている場合は、建物を建築する際に支障が出るおそれがあります。
電柱が邪魔になる場合は、電柱の所有者に相談して移設してもらいましょう。
ただし、ケースによっては移設工事に必要な費用を負担しなければならないほか、そもそも移設ができないケースもあるため、土地を購入する前に確認しておくことが重要です。

株式会社リードホームの写真

株式会社リードホーム スタッフブログ編集部

都心・城南エリアで土地・一戸建・マンションをお探しの方のために結束したファミリータイプ住宅売買の専門集団です。目黒区・港区・渋谷区・世田谷区・品川区・大田区の居住用物件のみに特化しております。ブログでは不動産売却などの記事をご提供します。



≪ 前へ|土地のデッドスペースとは?活用方法や収益化の方法をご紹介   記事一覧   電柱がある土地は購入していい?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区中町2丁目

目黒区中町2丁目の画像

価格
1億3,000万円
種別
売地
住所
東京都目黒区中町2丁目
交通
祐天寺駅
徒歩8分

目黒区目黒3丁目

目黒区目黒3丁目の画像

価格
1億2,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区目黒3丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

トップへ戻る