リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 築浅の一戸建てを売却する理由と早期売却のコツとは?

築浅の一戸建てを売却する理由と早期売却のコツとは?

≪ 前へ|土地を売るベストなタイミングは?売り時は所有期間や地価動向を考慮しよう!   記事一覧   不動産購入はいつがベスト?住宅購入における適切な時期とは?|次へ ≫

築浅の一戸建てを売却する理由と早期売却のコツとは?

築浅の一戸建てを売却する理由と早期売却のコツとは?

転勤や結婚を機に、「築浅の一戸建てを売却したい」とお考えの方はいらっしゃいませんか?
一生に一度の買い物といわれるマイホームは、売却も人生における大イベントです。
今回は築浅の一戸建てを売却したい方に向けて、売る理由や早期売却のためのコツをご紹介します。
気になる価格相場についてもまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

築浅の一戸建てを売却する理由として多い内容は?

築浅の一戸建てを売却する理由として多い内容は?

まずは、築浅の一戸建てを売却する理由として、どのようなものが挙げられるのかをご紹介します。

●家族構成やライフスタイルの変化(出産や親との同居、子どもの独立など)
●住宅ローンの返済が困難になった
●近所の方との折り合いが悪い
●転勤になり、いつ戻れるかわからない
●結婚または離婚した


さまざまな理由で、築浅の一戸建てが売りに出されています。
そのなかでも家族構成の変化や、転勤、結婚や離婚といったライフスタイルの変化にともなう売却が多い傾向にあります。
永住するつもりで購入したマイホームであっても、思わぬ環境の変化により、すぐに売るケースも珍しくないということがわかりますね。

買主は手放す理由を知りたい!

築浅の一戸建てを売却するときは、売る理由を買主にしっかり説明しましょう。
「なぜこんなに早く手放すのだろう?」「なにか問題があるのでは?」と、築浅であるがゆえに不安を覚える方もいらっしゃいます。
そのため、安心して購入してもらえるよう、理由をしっかり説明することがポイントです。

とくに、瑕疵がある場合は必ず告知しなければなりません。
瑕疵を隠した状態で引き渡すと、契約不適合責任を負うことになり、大きなトラブルにつながる可能性があります。
冒頭でもご紹介したとおり、マイホームは一生に一度の大きな買い物であり、売却も同様です。
お互いに納得・満足できる取引にするためには、売却の理由がマイナスな内容であっても正直に告知することが大切です。
売却理由をきちんと知らせれば、納得して購入を検討してもらえるので、しっかり伝えておきましょう。
また、多い理由として、「近所の方との折り合いが悪い」というものがあります。

近所の方と良好な関係を築きたいと思っていても、騒音やマナー違反などが原因でトラブルになることがあります。
ご近所トラブルが原因で売却に至った場合、買主への告知義務はありませんが、不動産会社には伝えておくと安心です。
理由をしっかり伝えておけば、近所の方への配慮を含めて売却活動をおこなってくれるでしょう。

築浅の一戸建てはどのくらいの価格で売却できる?

築浅の一戸建てはどのくらいの価格で売却できる?

続いて、築浅の一戸建てはどのくらいの価格で売却できるのかをお伝えします。
立地や建物の劣化具合などによりますが、築5年の一戸建ては物件購入時の70%から80%程度で売却できるケースが多いです。
そのため、価格が下がる前に早期売却したほうが良いといえます。
しかし、いくら新築のように綺麗であっても、一度誰かが住んだ家は中古一戸建ての扱いとなり、その時点で10%ほど価格が下がるのが一般的です。
地価の上昇や周辺環境の変化、最寄り駅の再開発などにより、購入時の価格より高く売れることもありますが、滅多にない事例だと思っておきましょう。

建物の価格は年々下がる

建物の部分は、築年数が経つごとに売却価格が下がるのが一般的です。
国土交通省の発表によると、建物は新築時と比べて築5年で約80%まで、築10年で約60%まで売却価格が減少することがわかっています。
新築後、15年ほどは築年数が1年増えるごとに約5%ずつ価値が下がるため、早めの売却が得策です。
ちなみに4,000万円で購入した一戸建てを例にすると、下記のように価格が変わります。

●築6年:2,600万円
●築7年:2,400万円
●築8年:2,200万円


築年数が1年経過するごとに、200万円下がることがわかりますね。
そのためたとえ築浅の一戸建てであっても、売ることを決断したら早めに動くことがポイントです。
ちなみに土地は経年劣化しない資産のため、価値は下がりにくいといえます。

新品ではなく中古だということを念頭に置く

築浅の一戸建ては外壁や設備もまだ新しく、新築と変わらない部分も多いため、「なるべく高く売りたい」と思う方も多いのではないでしょうか?
劣化が少なければ、購入時と変わらない価格で売りたいですよね。
しかし、買主側は「一度人の手に渡ったもの」という認識があるため、新築時と同じ価格では魅力を感じてくれないかもしれません。
価格を重視するがゆえに、中古一戸建てに絞って物件探しをする方もいらっしゃるでしょう。
そのため築浅であっても、中古一戸建てであることを念頭に置いておくことが大切です。

築浅の不動産の売却数が増えている

首都圏を対象とした東日本レインズによると、近年は築浅(築5年以下)の不動産の売却数が増えていることがわかりました。
「築年数が経過する前に早く売りたい」と考える方が増えたことが理由のひとつです。
また、築浅の一戸建てを希望する買主も増加傾向にあり、需要と供給がマッチし、取引件数も増加しています。

築浅の一戸建てを早期売却するコツは?

築浅の一戸建てを早期売却するコツは?

最後に、築浅の一戸建てを早期売却するコツをご紹介します。

住宅設備を残す

コツとしてまず挙げられるのが、住宅設備を残しておくことです。
新居で必要なものを除き、エアコンや洗濯機、食器洗浄乾燥機など、住宅設備を残しておけば早期の売却が見込めるかもしれません。
たとえば、買主が入居時にエアコンの購入を検討している場合、エアコン付きならお得に感じてくれる可能性があります。
食器洗い乾燥機によって物件の付加価値がアップし、好印象を持ってもらえることもあるでしょう。
住宅設備は売却するうえで有利になることもあるので、住宅設備を残すかは買主と相談すると良いでしょう。

住宅ローンが完済できるよう売り出し価格を決める

売り出しの決め方も、早期売却するためのコツです。
「住宅ローンが残っている=抵当権付き」となるので、一般的には住宅ローンを完済するまで売却できません。
そのため売り出し価格を決めるときは、住宅ローンの完済を想定することがコツです。
売却利益が残債を下回る場合、自己資金で賄う必要があるので注意しましょう。

魅力的に見せる工夫をする

室内を魅力的に見せることも、早期売却のためのコツです。
魅力的な空間をつくれば第一印象が良くなり、購買意欲が高まります。
掃除を徹底することはもちろん、内覧当日はシャッターや窓を開け、日当たりや風通しをアピールなさってください。

売却後は確定申告を忘れずに!

築浅の一戸建てを売却したあとは確定申告をおこないましょう。
利益から最高3,000万円までが控除される特約があり、節税効果が期待できます。
居住用の一戸建てであることや、親子間売買でないことなどが条件なので、あらかじめチェックしたうえで申告してください。

まとめ

築浅の一戸建てを売却する理由や早期に売るためのコツをご紹介しました。
築年数の経過とともに建物の価値は減少するため、少しでも高く売りたい場合は早めに動くことがポイントです。
目黒区や世田谷区、港区や渋谷区で築浅の一戸建ての売却をお考えの方は、私たち「株式会社リードホーム」にお気軽にご相談ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|土地を売るベストなタイミングは?売り時は所有期間や地価動向を考慮しよう!   記事一覧   不動産購入はいつがベスト?住宅購入における適切な時期とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億3,800万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩5分

目黒区八雲4丁目

目黒区八雲4丁目の画像

価格
5億9,000万円
種別
売地
住所
東京都目黒区八雲4丁目
交通
都立大学駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区南1丁目

目黒区南1丁目の画像

価格
1億1,000万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区1丁目
交通
洗足駅
徒歩14分

トップへ戻る