リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > IHクッキングヒーターとガスコンロの徹底比較!その違いとメリットデメリットは?

IHクッキングヒーターとガスコンロの徹底比較!その違いとメリットデメリットは?

≪ 前へ|戸建て住宅の2階にトイレを置くときのポイントについて解説   記事一覧   注文住宅で人気の自然素材「漆喰」とは?その特徴とメリットデメリットをご紹介|次へ ≫

IHクッキングヒーターとガスコンロの徹底比較!その違いとメリットデメリットは?

IHクッキングヒーターとガスコンロの徹底比較!その違いとメリットデメリットは?

IHクッキングヒーターとガスコンロにはどのような違いがあるのでしょうか。
それぞれに違った魅力とそうでないポイントもありますので、IHクッキングヒーターを使うのに向いているひと、ガスコンロに向いているひとがいます。
ここでは各特徴と、それぞれのメリットとデメリットの違いを比較しながらまとめました。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

IHクッキングヒーターとガスコンロの違い比較

IHクッキングヒーターとガスコンロの違い比較

2種類の調理器具の特徴をそれぞれご紹介します。

IHクッキングヒーターの特徴

IHクッキングヒーターは電磁調理器とも言い、火とはまったく違う原理で調理することになります。
細い動線を巻きつけたコイルを、理科の実験で使って電気を流したことはありませんか。
IHクッキングヒーターの基本の仕組みはそれと同じで、コイルに電気を流すことで強力な磁場(磁力線)が生まれます。
その磁場がIHクッキングヒーターのガラス製のトッププレートを通過して、鍋底にあたり、それにより鍋底の金属が熱くなるという仕組みです。
IHはInduction(誘導)Heating(加熱)の略というのもイメージしやすいのではないでしょうか。
熱くなるのは金属の鍋底だけなので、スイッチを入れたIHクッキングヒーターの上に手をおいたとしても熱くはありません。
ただし、熱くなった鍋を置いていた場所はもちろん熱くなりますので、油断せず注意してくださいね。
このような仕組みで調理をするため、使用するエネルギーは電気ですので、ガス代はかからず、電気代がかかります。

ガスコンロの特徴

ガスコンロはガスを出し、そこに着火することで火をつけます。
その火を使うことで調理ができるという仕組みです。
IHと違い、鍋底だけを熱くするというものではないので、周りも熱くなりやすいという特徴があります。
IHが全体的に平らな面であるのに比較して、ガスコンロは火を使うため、五徳(ごとく)と呼ばれる台に鍋やフライパンなどの調理器具を置いて使います。
ガスコンロはその名のとおりガスを使うので、かかるのはガス代と、着火時に乾電池を使用するコンロであれば、電池の費用も掛かります。

IHクッキングヒーターとガスコンロのメリット比較

IHクッキングヒーターとガスコンロのメリット比較

まずはそれぞれの良い点からみていきましょう。

IHクッキングヒーターのメリット

最初に、IHクッキングヒーターの優れたポイントからご説明します。

掃除がかんたん
IHクッキングヒーターはその性質から、天板が平らです。
そのため、掃除のときには布巾でさっと拭きやすく、他に洗う部品なども少なく、掃除が楽にすみます。
しかも鍋底だけを直接熱くする仕組みのため、他の部分は熱くならず、調理中に何かをこぼしてしまったとしても、それが焦げ付く心配も少ないです。
ガスのように上昇気流も発生しないので、その分油や汚れが遠くまで飛び散ることも少ないでしょう。
さまざまな特徴から、掃除がかんたんというのは優れたポイントです。

安全性が高い
火を使わない調理法のため、うっかり服や布巾に火が燃え移ってしまう危険性はありません。
また、鍋底を磁力線で温める仕組みのため、他の部分は熱くなりにくく、やけどの心配も少なくすみます。
ヒーターから鍋が離れると加熱も止まるので、スイッチの消し忘れの心配もなく、お年寄りでも安心して使うことができます。

夏の調理でも暑くなりにくい
鍋底以外を熱することのないヒーターなので、周辺の空気まで温めることはありません。
そのため、暑い夏にキッチンの周りだけ特に気温が高い、などという事態にはなりにくく、快適に調理ができます。

ガスコンロのメリット

次に、ガスコンロの優れたポイントについてご説明します。

調理器具の幅が広い
ガスコンロは火を使って周辺を熱するため、調理器具を選びません。
底が丸い中華鍋や鍋の素材によって、IHでは使えないものも多いですが、ガスコンロではその心配はありません。
こだわりの調理器具を使うことができます。

調理方法の幅が広い
IHは鍋底を下につけていないと熱することができませんが、ガスコンロの場合は離れたところでも熱することができます。
その特徴から、フライパンや中華鍋を振りながらの調理はガスコンロでしかできません。
また、火で直接食材を炙るような調理法もガスコンロだけの特権と言えます。
さまざまな調理方法を使いこなし、料理にこだわりのあるかたがストレスなく使えるのはガスコンロでしょう。

傷つきにくい
フラットなガラス面で構成されるIHクッキングヒーターとは違い、鉄製の五徳の上で調理するガスコンロは、多少強くフライパンや鍋を置いたとしても割れる心配はありません。
激しく鍋を振っても大丈夫な構造になっています。

子どもに火の扱いを教えられる
ガスコンロは火を使って危険性が高い分、子どもに火の怖さやその特徴を教えるのには最適です。
大人がしっかりとついて教えることができるのであれば、あえて子どもと火を使っての調理ができることもメリットの1つでしょう。

IHクッキングヒーターとガスコンロのデメリット比較

IHクッキングヒーターとガスコンロのデメリット比較

次に、それぞれのデメリットについてご紹介します。

IHクッキングヒーターのデメリット

まずはIHクッキングヒーターのデメリットからお話していきます。

強火での同時調理が苦手
IHクッキングヒーターは内部で電気の最大容量が決められているため、コンロ3つをすべて強火で調理する、などはできないことがあります。
電気を利用するので、お使いの電気によってはブレーカーが落ちてしまうことも考えられます。

調理器具が限られる
その性質上から、IHにも使用可能、と書かれた調理器具しか使うことはできません。
材質がスチールや鉄で、かつ底が平たくなっているものなど、限られた選択肢の中から選ぶことにはなりますが、最近はIHクッキングヒーターも広く普及しているので、すぐに見つけることができるでしょう。

停電していると使えない
地震や台風など、予期せぬ自然災害によって停電が起きてしまうこともあります。
停電していてもガスコンロであれば問題なく使うことができますが、IHクッキングヒーターだと電気がないと使うことができません。
そのため、非常用には卓上ガスコンロなどを用意しておくと安心ですね。

ガスコンロのデメリット

次に、ガスコンロのデメリットについてお話します。

火事の危険がある
ガスコンロ最大のデメリットは、もしものときの危険性でしょう。
火を実際に使って調理するため、キッチン内の紙や布などに火が燃え移ったときや、火の消し忘れから大きな火事につながる心配があります。
ただし、最近のガスコンロは大きな地震のときには自動で火が消える安全装置が働くようになっていますので、地震火災の心配はしなくてもいいでしょう。

掃除の手間がかかる
ガスコンロは五徳があるため、IHと比べると掃除は大変です。
また、火を使うことでコンロ周りに汚れが飛び散りやすくなり、その面でも掃除に時間はかかるでしょう。
ただ、昔のガスコンロに比べると最近のガスコンロはフラットな構造でお手入れが楽になってはいるので、実際に見比べてみるといいでしょう。

夏は暑くなってしまう
火を使っての調理のため、夏場は特にキッチン周りの気温だけが高くなってしまいがちです。
暑い夏に火を使っての調理は不快に感じることも多いでしょう。

まとめ

このようにIHクッキングヒーターとガスコンロの違いを比較してきました。
それぞれメリットとデメリットがあり、特徴のあるものですので、ご自身がどのように料理したいか、どんな生活がしたいかを思い描きながら、ぴったりのものを選んでください。
ここでご紹介したもの以外の機能がついたものもありますので、実際に現物を見ながら比較するのもおすすめですよ。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|戸建て住宅の2階にトイレを置くときのポイントについて解説   記事一覧   注文住宅で人気の自然素材「漆喰」とは?その特徴とメリットデメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億3,800万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩5分

目黒区八雲4丁目

目黒区八雲4丁目の画像

価格
5億9,000万円
種別
売地
住所
東京都目黒区八雲4丁目
交通
都立大学駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区南1丁目

目黒区南1丁目の画像

価格
1億1,000万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区1丁目
交通
洗足駅
徒歩14分

トップへ戻る