リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 【2023年版】カウンターキッチンの使い勝手は?メリット・デメリットも解説

【2023年版】カウンターキッチンの使い勝手は?メリット・デメリットも解説

≪ 前へ|徳川家康ゆかりの地!港区にある芝公園駅の住環境や地価の動向は?   記事一覧   世田谷区「下北沢」エリアの魅力を大解剖!文化に溢れ住みやすい街|次へ ≫

【2023年版】カウンターキッチンの使い勝手は?メリット・デメリットも解説

憧れのカウンターキッチン!使い勝手やメリットデメリットは!?

カウンターキッチンは、見た目がおしゃれで人気の設備です。
住宅を購入する際、カウンターキッチンを条件にあげる人も多いのでは。
しかし、カウンターキッチンにはさまざまな種類があり、実際の使い勝手も気になるところ。
そこで今回は、カウンターキッチンの種類をご紹介するとともに、メリット・デメリット、実際の使い勝手についてもご紹介します。
これからカウンターキッチンの導入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

カウンターキッチンの「5つの種類」とそれぞれの使い勝手とは?

カウンターキッチンの種類による使い勝手は?

カウンターキッチンは、文字のとおり、カウンターの付いたキッチンのこと。
リビングにむけて対面で設置するのが一般的です。
オープン型とセミオープン型の2種類のタイプに分けることができます。
オープン型は、キッチンとリビングの間に壁がないタイプ。
セミオープン型は、キッチンとリビングの間を、壁で仕切っているタイプになります。
全部を壁で仕切っているのではなく、一部が窓のようにリビングから見えるのが特徴です。
大きく分けると2種類ですが、そのなかでもいくつか種類がありますので、それぞれを詳しくご紹介していきます。

オープンキッチンの種類

オープンキッチンは、リビングとの間に壁がないほか、カウンターとキッチンの間に段差がないのが特等です。

アイランドキッチン
オープンキッチンの代表格である、アイランドキッチン。
アイランドとは、島という意味。
その名のとおり、壁と接することなく、島のように設置されています。
リビングとキッチンの間を、両サイドから行き来できるのが特徴。
視界を遮るものがないので、とても開放感があります。
家族と一緒に料理したい人は、作業スペースが広く、使い勝手が良いのでおすすめです。
ホームパーティの機会が多い人にも向いています。
価格は高めですが、おしゃれでスタイリッシュなデザインが多いので、見せるキッチンとして演出することができます。
しかし、来客が多い場合は、人に見られる機会が多いため、常にキレイしておく必要があります。
片付けが苦手な人にとっては、ストレスとなってしまいかねません。
また、通常のキッチンの倍近くの大きさがありますので、設置には広いスペースが必要となります。
アイランドキッチンを設置したい場合は、リビングの広さとのバランスを考慮してください。

ペニンシュラキッチン
ペニンシュラとは、半島という意味。
左右どちらか片方が、壁に接しているタイプのキッチンです。
アイランドキッチンと同じく、開放感があるのがメリット。
設置の際は、アイランドキッチンより、広いスペースを必要としません。
スペースの関係で、アイランドキッチンの設置をあきらめた人は、ペニンシュラキッチンを検討してみてはいかがでしょうか。
また、オープン型は吊戸棚を設置しないので、収納スペースが少なくなりがちという点がデメリットでしょう。
収納を多くしたい場合は、壁側に収納棚を設置するとよいでしょう。

セミオープン型の種類

セミオープン型は、キッチンとカウンターとの間が壁で仕切られているので、手元が見えないのが特徴です。

I型キッチン
調理台やシンク、コンロなどが横一直線に並んでいるキッチンのことを、I型キッチンといいます。
キッチンの上に吊戸棚を設置したタイプが一般的で、収納力と使い勝手の良さがメリット。
リビングから見ると、コの字型になっているのが特徴です。
しかし最近は、吊戸棚をつけず、開放感を出すスタイルも流行っています。

L型キッチン
L型キッチンは、その名のとおり、L字型に配置されています。
I型キッチンと比べると、作業スペースが広く、使い勝手が良いのがメリットです。
家族で一緒に料理をしたい人におすすめ。
しかし、I型キッチンより設置スペースが広くなりますので、リビングが狭い場合は圧迫感がでてしまいます。

セパレート型キッチン
キッチンを2つに分けて設置するタイプ。
一般的にシンクとコンロを分けて設置することが多く、Ⅱ型キッチンと呼ばれることもあります。
それぞれ、作業スペースを広くとれることがメリット。
家族と一緒に料理したい人や、ホームパーティーなどにも向いています。
また、収納スペースを多く確保できるので、使い勝手も良いです。
オープンキッチンで収納が少ない場合は、セパレート型キッチンに応用すると、収納や作業スペースが増えます。
ただし、シンクとコンロが離れているので、食材や鍋を移動する際に、床が汚れやすいというデメリットがあります。

カウンターキッチンの「5つのメリット」とは?

カウンターキッチンのメリットや使い勝手は?

ここからは、カウンターキッチン全体のメリットを見ていきましょう。

カウンターキッチンのメリット①:開放感がある

カウンターキッチンのメリットは、なんといっても開放感があること。
キッチンからリビングを見渡すことができるのは、独立キッチンや壁付きキッチンにはないメリットですね。
より開放感を重視したいのであれば、リビングとの間に壁がない、オープンキッチンを選ぶとよいでしょう。

カウンターキッチンのメリット②:家族とコミュニケーションがとれる

料理中でも、リビングにいる家族とコミュニケーションがとれることが、最大のメリットです。
家族との会話に交じることができ、孤独感を感じることも少ないでしょう。

カウンターキッチンのメリット③:料理を運びやすい

キッチンとカウンターが一体型になっていますので、料理をすぐに運べるのがメリットです。
カウンターで食事をする際は、ダイニングへ運ぶ手間もはぶけ、より使い勝手が良いでしょう。
食事の後の片付けがラクなのもメリットですね。

カウンターキッチンのメリット④:おしゃれに演出できる

カウンターキッチンは、工夫しだいで、おしゃれに演出できるのがメリットです。
カウンターをディスプレイスペースにしたり、バーカウンターとして利用したり、演出の幅が広がります。
オープンキッチンはとくに、照明器具にこだわってみてください。

カウンターキッチンのメリット⑤:ワークスペースとして利用できる

カウンターをワークスペースとして利用できるので、テレワークにも便利です。
子どもの宿題を見ながら、料理することができますし、ちょっとしたパソコン作業にも便利です。

カウンターキッチンの「3つのデメリット」とは?

カウンターキッチンのデメリットや使い勝手は?

さまざまなメリットがあり、使い勝手の良いカウンターキッチンですが、もちろんデメリットも存在します。
最後に、カウンターキッチンのデメリットを見ていきましょう。

カウンターキッチンのデメリット①:煙やにおいが広がりやすい

開放感があるのがメリットのカウンターキッチンですが、調理中の煙やにおいがリビングに広がりやすくなります。
カウンターキッチンのメリットが、デメリットにもなってしまうため、どちらを重視するか悩ましいところ。
とくにオープンキッチンは、リビングとの間に壁がないので、より煙やにおいが気になるかもしれません。
オープンキッチンを設置する際は、換気扇の機能をチェックするのも忘れずに!
日頃の対策としては、料理の前後に、換気扇をじゅうぶんに回すこと。
いつもより長めに回すことで、煙やにおいを軽減することができます。
定期的に換気扇を掃除することも、煙とにおいを軽減させる秘訣です。

カウンターキッチンのデメリット②:キッチンが丸見えになってしまう

カウンターキッチンは開放感があるのがメリットですが、逆にキッチンが丸見えになってしまうのがデメリットです。
急な来客があると、キッチンが汚れていないか、気になってしまうでしょう。
常にキレイにするのが理想ですが、なかなかそうもいかないのが現実ですよね。

カウンターキッチンのデメリット③:リビングが狭くなる

カウンターキッチンは、広い設置スペースが必要です。
見た目だけで選んでしまうと、リビングが狭くなり、使い勝手が悪くなってしまいます。
これから家を購入する際は、カウンターキッチンを設置することで、リビングが狭くなってしまわないか、しっかりチェックしましょう。

まとめ

住宅設備のなかでも人気の高いカウンターキッチン。
今回は、そのカウンターキッチンの使い勝手や種類、メリットデメリットについてご紹介しました。
カウンターキッチンにはメリットがたくさんありますが、デメリットも存在します。
何を重視したいのか、しっかり検討して、自分のライフスタイルに合ったカウンターキッチンを選んでください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|徳川家康ゆかりの地!港区にある芝公園駅の住環境や地価の動向は?   記事一覧   世田谷区「下北沢」エリアの魅力を大解剖!文化に溢れ住みやすい街|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

目黒区八雲4丁目

目黒区八雲4丁目の画像

価格
5億9,000万円
種別
売地
住所
東京都目黒区八雲4丁目
交通
都立大学駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

世田谷区尾山台1丁目

世田谷区尾山台1丁目の画像

価格
7,980万円
種別
売地
住所
東京都世田谷区尾山台1丁目
交通
田園調布駅
徒歩17分

トップへ戻る