リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 一戸建てにバルコニーがあるメリットとデメリットは?

一戸建てにバルコニーがあるメリットとデメリットは?

≪ 前へ|一戸建てにトイレはいくつ設置する?一般的な広さや導入時の注意点   記事一覧   マンション最上階にある邸宅「ペントハウス」のメリットデメリットとは?|次へ ≫

一戸建てにバルコニーがあるメリットとデメリットは?

一戸建てにバルコニーがあるメリットとデメリットは?

一戸建てを購入する際、バルコニーの有無を悩む方も多いでしょう。
さまざまなメリットがあるバルコニーですが、実はデメリットも生じます。
この記事ではバルコニー付き物件の購入を検討している方に向け、メリットやデメリット、屋上バルコニーやルーフバルコニーの特徴をお伝えしていくのでぜひご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

バルコニー付きの一戸建てを購入する嬉しいメリット

バルコニー付きの一戸建てを購入する嬉しいメリット

まずバルコニー付きの一戸建てを選ぶメリットから見ていきましょう。

洗濯物や布団を干せる

バルコニーがあれば、洗濯物や布団を外に干すことが可能です。
バルコニーがない物件の場合、洗濯物は部屋干しや浴室乾燥機を使うのが一般的ですが、家族の人数や子どもが多い場合、洗濯物の量が多くなりませんか?
部屋干しや浴室乾燥機を使っても乾きにくく、「晴れた日は外に干したい!」という方もいるでしょう。
バルコニー付きの一戸建てなら洗濯物がたくさん干せ、乾きやすいのがメリットです。
乾燥機にかけたフワフワの洗濯物も気持ちがいいですが、外干しならお日さまのいい香りが漂いますね。
またバルコニーで布団や毛布を干せるのもメリットでしょう。
晴れた日は布団や毛布、シーツなどを洗濯して干せ、ベッドや布団の清潔感も保てます。

ガーデニングや家庭菜園が楽しめる

ガーデニングやちょっとした家庭菜園が楽しめるのもバルコニー付き一戸建てのメリットです。
狭小住宅や庭のない一戸建ての場合、ガーデニングや家庭菜園を楽しむのは難しいかもしれません。
バルコニーがあればプランターを使ったガーデニングや、ミニトマトやキュウリなどのちょっとした家庭菜園を楽しめます。
植物や野菜を季節ごとに堪能でき、お子さまが喜ぶのもメリットですね。

アウトドアリビングで癒し空間に

自粛生活が求められる今、一戸建てのベランダを使ったアウトドアリビングが注目されています。
アウトドアリビングとはベランダに椅子やテーブルを並べ、バーベキューなどのアウトドアを楽しむものです。
広さのあるバルコニーなら、テントを張ったりハンモックを設置してお昼寝したり、まるでキャンプ場にいるかのような時間を過ごせます。
キャンプ場に足を運ぶとなると、荷物の準備や移動、後片付けや設営などさまざまな手間がかかるでしょう。
アウトドアリビングであればそのような手間がかからず、汚れてもお風呂やトイレがすぐ近くにあるので、小さなお子さまがいても楽しめます。
庭やウッドデッキがない一戸建てでも、バルコニーがあれば手軽にアウトドア気分になれ、自粛期間を充実したものにしてくれますね。

朝食や昼食を取るスペースとしても

朝食や昼食をバルコニーで取れるのもメリットです。
朝食をバルコニーで取れば、仕事や学校も頑張れるのではないでしょうか?
またランチはピクニック気分でレジャーシートを敷いて食べれば、お子さまたちも喜びそうです。

プライベート空間を作れる

住宅密集地にある一戸建てでも、バルコニーがあればプライベートな空間を作ることが可能です。
外の景色を眺めたり椅子を置いて本を読んだり、のんびり過ごせる時間が作れるのも、バルコニーのメリットでしょう。
バルコニーがあるぶん外から部屋のなかが見えにくくなり、人の目線も気にならなくなります。

バルコニー付きの一戸建てにはこんなデメリットや注意点が!

バルコニー付きの一戸建てにはこんなデメリットや注意点が!

次にバルコニー付きの一戸建てに生じるデメリットを見ていきましょう。

汚れが溜まりやすい

バルコニーのデメリットとして、汚れが溜まりやすいという点が挙げられます。
バルコニーは外に面している部分のため、砂ぼこりや落ち葉などが溜まりやすく、定期的な掃除が必要です。
とくに排水溝はゴミが詰まりやすく、掃除を怠ると水漏れを起こす恐れがあります。
掃き掃除をしたり水で流したり、日ごろからお手入れすることを心がけましょう。

屋根がないバルコニーは急な雨に注意

屋根がないバルコニーの場合、急な雨で洗濯物が濡れてしまうのがデメリットです。
「朝は晴れていたのに夕方になったら急に天気が悪くなった…」とならないよう、天気がイマイチなときは部屋干しが安心です。

設計時に入念な打ち合わせが必要

バルコニーの使い勝手は、幅や奥行きによって大きく左右されます。
あまり狭くすると洗濯物と布団が一緒に干せなくなりますし、室外機を置く場所がなくなってしまうかもしれません。
反対に広すぎても無駄なスペースが生まれてしまうので、一戸建ての設計時には入念な打ち合わせが必要です。

位置や方角にも注意

バルコニーの設置位置や方角にも注意が必要です。
太陽光が当たりやすい南側に設置すると、洗濯物や布団が良く乾きます。
しかし南側でも洗濯機からの距離が長いと、家事導線が上手くいかず使い勝手の悪いバルコニーになってしまうかもしれません。
そのため日差しがたっぷりと差し込み、かつ家事導線がスムーズな場所に設置するのがおすすめです。

一戸建てにおけるバルコニーの種類「ルーフバルコニー」と「屋上バルコニー」の特徴は?

一戸建てにおけるバルコニーの種類「ルーフバルコニー」と「屋上バルコニー」の特徴は?

一戸建てにおけるバルコニーの種類として、ルーフバルコニーと屋上バルコニーというものがあります。
それぞれの特徴や注意点を見ていきましょう。

ルーフバルコニーの特徴

ルーフバルコニーは、リビングなど階下の屋根を利用して作られるバルコニーです。
一般的なバルコニーより外にせり出しているので、日当たりが良く大量の洗濯物を早く乾かせるメリットがあります。
またルーフバルコニーは高層マンションなどにも用いられ、夏はビニールプールをしたり、場所によっては花火を楽しんだりすることも可能です。
リビングやダイニングの延長線上にルーフバルコニー付いていれば、感覚が広々とし、奥行きが感じられるという特徴も持っています。

ルーフバルコニーはここに注意!

ルーフバルコニーは一般的なバルコニーより広いため、雨漏りが起こりやすいのがデメリットです。
そのため台風や豪雨の際は注意しなければなりませんし、防水性能の高い素材を使うといった雨漏り対策が必要です。

屋上バルコニーの特徴

屋上バルコニーはスカイバルコニーとも呼ばれ、一戸建ての屋上部分に設置されたバルコニーのことです。
ルーフバルコニーと同様、プールを楽しんだり花火を楽しんだり、広さに応じてドッグランも設置できます。
なかには露天風呂を導入する方もいて、一般的なバルコニーより活用方法や楽しみが増えるでしょう。

屋上バルコニーの注意点は?

屋上バルコニーを採用する際、一般的なバルコニーに比べてコストがかかるのがデメリットです。
屋上という大きな面積をバルコニーにするので、防水加工や下地の処理はもちろん、手すりや階段の設置にも費用がかかります。
さらに水道や洗面台を設ける場合はより高くなるでしょう。
また屋上は台風や豪雨の影響をとても受けやすい部分です。
十数年ごとにメンテナンス費用がかかり、日々のお手入れも欠かせません。
屋上に上がるのが面倒で、ほとんど使わなくなってしまったというケースもあります。
屋上バルコニーを採用する際は、目的を明確に、本当に必要かどうかを見極める必要がありますね。

まとめ

この記事ではバルコニー付きの物件の購入を検討している方に向け、メリットやデメリット、屋上バルコニーやルーフバルコニーの特徴をお伝えしました。
洗濯物や布団干し役立つ反面、掃除や設置位置に注意しなければならないというデメリットが生じます。
バルコニーをどのような目的で使用するのか、使い方や楽しみ方を考えながら導入してください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|一戸建てにトイレはいくつ設置する?一般的な広さや導入時の注意点   記事一覧   マンション最上階にある邸宅「ペントハウス」のメリットデメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


目黒区柿の木坂2丁目

目黒区柿の木坂2丁目の画像

価格
2億1,800万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区柿の木坂2丁目
交通
都立大学駅
徒歩12分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る