リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > リノベーション物件とは?購入のメリットや注意点をご紹介

リノベーション物件とは?購入のメリットや注意点をご紹介

≪ 前へ|ガソリンスタンド跡地は売却できる?売却方法や注意点をご紹介   記事一覧   建売住宅の寿命の長さは?注文住宅との違いや寿命を延ばす方法をご紹介|次へ ≫

リノベーション物件とは?購入のメリットや注意点をご紹介

リノベーション物件とは?購入のメリットや注意点をご紹介

中古物件をお探しの方のなかには、「リノベーション物件」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
新築よりお手頃な価格で快適に住めるリノベーション物件は、近年人気が高まっていますが、購入時には注意点があるのも事実です。
この記事では、リノベーション物件とは何かという概要をはじめ、購入するメリットや購入時の注意点などをご紹介します。


リノベーション物件とは?購入前に知っておきたい情報をご紹介

リノベーション物件とは?購入前に知っておきたい情報をご紹介

リノベーション物件とは、改修工事をおこない、住宅の機能性やデザイン性、付加価値などを高めた物件を指します。
現代のライフスタイルに合わせ、間取りの変更や断熱性能、耐震性能の向上、おしゃれで機能性の高い水回りなど、その内容は多岐にわたります。
リノベーションは、その改修工事の規模により以下の2つにわけられます。

●部分リノベーション
●フルリノベーション


部分リノベーションとは、キッチンや浴室だけ、内装の変更のみなど、住宅の一部をリノベーションすることを指します。
一方、フルリノベーションとは、物件の骨組み以外の改修をおこなうことを指します。
単に「リノベーション」と呼ぶ場合は、比較的規模の大きい工事を指すことが多いようです。

リノベーション物件とリフォーム物件はどう違う?

リノベーションとよく似た言葉に、リフォームがあります。
リノベーション物件とリフォーム物件の違いをよくご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
2つの言葉の間には厳密な区別がないものの、一般的には以下のように使われていることが多いです。
リノベーションは工事によって付加価値を与えることを目的としています。
単に古いものを新しくするだけでなく、耐熱改修や耐震補強で住宅の性能を高めたり、間取りを変更して異なるライフスタイルに対応することを指すのが一般的です。
それに対して、リフォームは、傷んだり古くなったりした部分を補修・交換することを指すのが一般的です。
劣化したものを元に戻すことを指す言葉としてよく使われるため、賃貸物件での「原状回復」に近いといえるでしょう。
リノベーションが「プラスアルファ」の状態へ高めることであるのに対し、リフォームは「元に戻す」ことという違いがあるといえます。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

リノベーション物件を購入するメリット

リノベーション物件を購入するメリット

リノベーション物件の購入には、さまざまなメリットがあります。
主なメリットをご紹介します。

新築よりもリーズナブルに快適な住まいが手に入る

リノベーション物件を購入する大きなメリットの1つが、価格の安さです。
新築の物件よりもリーズナブルに購入できるため、広さや設備の面でも選択肢が広がります。
さらに、リノベーション物件は見た目や設備が新築並みにきれいであり、まるで新築の物件に住んでいるかのように快適な生活が送れます。
新築よりも安く、それでいて新築のように快適な生活を送れるのは、リノベーション物件ならではのメリットだといえるでしょう。

デザイン性の高い住宅が多い

リノベーション物件には、デザインにもこだわっている物件が数多くあるのがメリットです。
一般的な建売住宅や分譲マンションでは、白い壁に木目調のクッションフロアなど、誰が購入しても使い勝手が良い無難なデザインになることが少なくありません。
一方、リノベーション物件の場合、デザイナーズマンションのようなおしゃれな内装にするなど、付加価値を与えるためにデザインにこだわっているケースが多くあります。
近年人気が高まっている古民家をリノベーションした物件では、もともとの柱や梁を生かして古民家ならではの魅力にしている例もあります。
ありきたりなデザインの住宅ではなく、独自のテーマを持ったおしゃれな家に住みたいとお考えの方にとって、リノベーション物件は魅力的な選択肢の1つになるでしょう。

すぐ入居できる

中古物件を購入して自分でリノベーションする場合、設計や工事に時間がかかります。
仮住まいを用意する手間や費用がかかるほか、工事が遅れて入居が遅くなるリスクもあります。
それに対して、リノベーション物件ならすぐに入居できるのがメリットです。
内装や設備などを自由に設計できない点はデメリットですが、入居までの仮住まいにかかる費用などが節約できるのはメリットだといえるでしょう。
また、転勤などの都合で「この日までには入居したい」とお考えの方にとっても、すぐに入居できるリノベーション物件は魅力的です。

資金計画が組みやすい

物件を購入して自分でリノベーションするよりも、リノベーション物件を購入するほうが資金計画を立てやすくなるのがメリットです。
自分でリノベーションする場合、物件の購入費を住宅ローンで、リノベーションの工事費をリフォームローンで用意するのが一般的です。
それに対して、リノベーション物件を購入する場合は、住宅ローン1本にまとめられるため返済や管理の負担が減ります。
物件を購入する段階で全体の費用が把握できるうえに、返済を住宅ローン1本にまとめられるため、資金計画が組みやすくなります。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

リノベーション物件を購入する際の注意点

リノベーション物件を購入する際の注意点

さまざまなメリットがあるリノベーション物件ですが、購入する際には注意点も存在します。
リノベーション物件を購入してから後悔しないためにも、注意点を把握しておきましょう。

耐震性を確認する

リノベーション物件は築年数が経過しているものも多いため、購入前に耐震性や耐久性を確認しておきましょう。
とくに、1981年5月以前に建てられた旧耐震基準の物件は現在の耐震基準を満たしていない可能性があるため、地震による倒壊のリスクが高まります。
購入後に物件の耐震性を高めるためには、大掛かりな補強作業をおこなわなければなりません。
1981年5月以前に建てられた物件のすべてが耐震性に問題があるわけではありませんが、旧耐震基準の物件を購入する際にはとくに耐震性を確認することをおすすめします。

適合リノベーション住宅かどうかを確認する

適合リノベーション住宅とは、一般社団法人リノベーション協議会の統一規格や品質を満たした優秀なリノベーション物件を指します。
検査をしたうえで必要な改修工事が施され、工事の記録が住宅履歴情報として保管されているため、安心して購入できます。
工事の記録があると、点検やメンテナンスがしやすいだけでなく、将来的に物件を売却するときにも便利です。
くわえて、もし購入後のリノベーション物件に不具合が発見された場合でも、適合リノベーション住宅ならアフターサービス保証が受けられるのがメリットです。
リノベーション物件は築年数が経っているものも多く、購入後に不具合が発見されることも少なくありません。
適合リノベーション住宅かどうかは、リノベーション物件を購入するうえでポイントの1つとなるでしょう。

住宅ローンが使えるか確認する

中古住宅の購入時に住宅ローンを利用する場合、金融機関によっては築年数を融資の条件にしているケースもあります。
築年数が基準を越えていると、借入期間を制限されたり、融資自体を拒否されたりすることなどがあるので、あらかじめ確認をしておきましょう。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

まとめ

改修工事をおこなって付加価値を高めたリノベーション物件は、新築よりも安価でありながらデザイン性が高く快適な住環境を実現できるのが魅力です。
ただし、築年数が経過している物件も多くあるため、耐震性に問題がないか、適合リノベーション住宅かなどを確認したうえで購入することをおすすめします。


株式会社リードホーム スタッフブログ編集部

都心・城南エリアで土地・一戸建・マンションをお探しの方のために結束したファミリータイプ住宅売買の専門集団です。目黒区・港区・渋谷区・世田谷区・品川区・大田区の居住用物件のみに特化しております。ブログでは不動産売却などの記事をご提供します。


≪ 前へ|ガソリンスタンド跡地は売却できる?売却方法や注意点をご紹介   記事一覧   建売住宅の寿命の長さは?注文住宅との違いや寿命を延ばす方法をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億3,800万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩5分

目黒区八雲4丁目

目黒区八雲4丁目の画像

価格
5億9,000万円
種別
売地
住所
東京都目黒区八雲4丁目
交通
都立大学駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区南1丁目

目黒区南1丁目の画像

価格
1億1,000万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区1丁目
交通
洗足駅
徒歩14分

トップへ戻る