リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 不動産売却の信頼できる担当者の選び方をご紹介

不動産売却の信頼できる担当者の選び方をご紹介

≪ 前へ|土地を売却する前には調査が必要?地中埋設物と撤去方法とは   記事一覧   転勤になったらマイホームはどうする?3つの選択肢をご紹介!|次へ ≫

不動産売却の信頼できる担当者の選び方をご紹介

不動産売却の信頼できる担当者の選び方をご紹介

不動産売却ではどの不動産会社を選ぶかが重要ですが、担当者選びも同じくらい重要です。
満足のいく売却ができるかどうかは担当者の選び方にかかっていると言っても過言ではないものの、何を基準に担当者を選べば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。
この記事では、不動産売却の担当者とは何かという概要や、担当者の選び方、相性などの注目したいポイントをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の担当者とは

不動産売却の担当者とは

不動産売却の担当者とは、売却の相談や査定、営業活動を担う存在であり、不動産売却の取引の窓口ともいえます。
不動産売却では、不動産会社に相談し、査定額をもとに売り出し価格を設定したあと、営業活動をおこなうのが一般的な流れです。
不動産売却の担当者とは、これらの相談や査定、営業活動などさまざまな業務を担当する存在であると言えば、その重要性が伝わるのではないでしょうか。
不動産売却には数か月から半年程度かかるのが一般的であり、それぞれの段階で適切なサポートをするのが担当者の重要な役割です。
不動産売却を依頼する方のなかには、不動産にあまり詳しくない方も多いため、大小含めさまざまなサポートが求められます。
査定額がなぜその金額になったのかや、どのように営業活動を進めるかなど、詳しい説明を聞いて納得したうえで決めたいと考える方も多いでしょう。
担当者の対応によって、満足のいく売却ができるかどうかが変わると言っても過言ではありません。
加えて、不動産売却の担当者は、問い合わせ対応や内見の立ち会い、価格交渉など、買い手と直接コミュニケーションをとる役割も担います。
買い手からの質問があった際のレスポンスのスピードや対応などが、売却のスピードだけでなく売却価格も左右するケースもあるほど、不動産売却の担当者は重要です。
さらに、不動産売却の担当者の役割は、買い手が見つかって売買契約を結ぶ段階になっても続きます。
売り手と買い手が立ち会う売買契約の場に同席して、さまざまな説明や調整をするのも、不動産売却の担当者の重要な役割です。
不動産売却の担当者には、不動産に関する知識だけでなく、コミュニケーション能力や営業能力など、さまざまなスキルが求められます。
担当者の見極めは不動産売却の成功と失敗をわけるポイントであり、納得のいく価格で不動産を売却するためにはとても重要です。

不動産売却の担当者を見極めるポイント

不動産売却の担当者を見極めるポイント

では、不動産売却を成功に導く担当者を見極めるには、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。
不動産売却の信頼できる担当者を選ぶ際のポイントをご紹介します。

担当者の選び方のポイント①価格の根拠を明確に示す

査定価格の根拠が明確で、納得できるように説明してくれる担当者は、信頼できる担当者であることが多いです。
査定額を高く出してくれる担当者であっても、価格の根拠が不明瞭な場合は、高い金額を提示することで契約を取りたいと考えている可能性が高く、あまり良い担当者とは言えません。
そのような担当者に言われたとおりに高い金額で売りに出すと、なかなか買い手が見つからず、不動産の資産価値がどんどん下がってしまうおそれがあります。
適正価格でスムーズに不動産を売却するためには、査定に明確な根拠があり、こちらが納得するまで説明してくれる担当者を選びましょう。

担当者の選び方のポイント②デメリットも説明する

物件のメリットだけでなく、デメリットも理解して説明してくれるかどうかも、担当者を見極める重要なポイントです。
物件のメリットのみを説明する担当者は、顧客のことを顧みず、自分の実績や契約の締結を優先している可能性が高く、後々トラブルに発展するおそれがあります。
良い担当者であれば、売り手・買い手の双方にデメリットの説明ができ、双方が納得したうえで契約締結に進めます。
デメリットについて担当者から説明がない場合は、デメリットがないかどうかを担当者に確認しましょう。

担当者の選び方のポイント③物件周辺の情報に詳しい

不動産売却の担当者には、不動産に関する専門的な知識だけでなく、物件周辺の生活環境や地域の情報も求められます。
物件周辺の情報に詳しければ、立地条件をもとに適切な売却価格を設定することが可能です。
くわえて、地域の情報も含めて魅力をアピールできるので、買い手に与える印象が変わります。
物件周辺の情報に詳しいかどうかは、物件周辺の魅力や商業施設、交通事情などを質問して確認すると良いでしょう。

担当者の選び方のポイント④レスポンスが早い

レスポンスのスピードは、不動産売却のあらゆる場面で重要です。
買い手から問い合わせがあった際に早く対応ができなければ、他の物件に目移りされてしまい、せっかくの機会を逃してしまうおそれがあります。
また、売り手にとっても、疑問や不安が生じた際にすぐ対応してくれる担当者でなければ、不安を抱えたまま不動産売却を進めなければならないのがデメリットです。
スムーズに不動産売却を進めるためにも、レスポンスが早い担当者を選びましょう。

不動産売却の担当者の選び方では相性も重要

不動産売却の担当者の選び方では相性も重要

不動産売却とは、担当者との二人三脚でおこなうものです。
数か月何度も連絡を取り合う相手のため、能力はもちろん、相性や人柄も考慮したうえで担当者を選びましょう。
担当者を選ぶうえでの相性を見るためのポイントをご紹介します。

相性から見る選び方①信頼できるかどうか

不動産売却の担当者とは、売却までの数か月間、細かい相談ごとも含めて何度もやりとりをおこなわなければなりません。
見た目や話し方から信頼できず、「この人に任せて本当に大丈夫だろうか」と思ってしまう担当者と一緒に不動産売却を進めるのは、たとえ担当者に高い能力があっても難しいでしょう。
信頼できないと思ったら、担当者を変更してもらうのが賢明な選び方だと言えます。

相性から見る選び方②話していてストレスを感じないかどうか

会話や電話、メールなどでのコミュニケーションでストレスを感じないかどうかも、担当者との相性を見るうえでは重要です。
話していてストレスを感じる相手のことは信頼するのが難しく、言いたいことも言いにくくなってしまうため良い取引ができません。
数か月間綿密に連携を取り合う相手だからこそ、ストレスを感じずに気持ち良くやりとりができるかどうかは、担当者の選び方でとても重要なポイントだと言えるでしょう。

相性から見る選び方③話をじっくり聞いてくれるか

不動産売却では、担当者の説明も大事ですが、それと同じくらい「担当者が売り手や買い手の話をしっかり聞いてくれるか」が重要です。
売り手の話にじっくり耳を傾け、要望を受け止めてくれる担当者には信頼感が持てるうえに、買い手に対しても同様の誠実な態度で接していると予想できます。
一方、売り手の話をあまり聞かずに取引を進めようとする担当者は、買い手に対しても同様に接し、「信頼できない」という印象を与えているかもしれません。
話をじっくり聞いてくれるかどうかは、不動産売却の安心感や満足感にも関わってくるため、担当者の選び方では外せないポイントです。

まとめ

不動産売却の担当者とは、不動産売却が成功するかどうかを左右する重要な存在です。
知識や能力はもちろん相性も重要になるため、選び方のポイントを参考に、信頼できる担当者を選びましょう。
担当者の選び方でお悩みの際は、信頼できるスタッフが多数在籍している弊社にぜひお任せください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|土地を売却する前には調査が必要?地中埋設物と撤去方法とは   記事一覧   転勤になったらマイホームはどうする?3つの選択肢をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億3,800万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩5分

目黒区八雲4丁目

目黒区八雲4丁目の画像

価格
5億9,000万円
種別
売地
住所
東京都目黒区八雲4丁目
交通
都立大学駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区南1丁目

目黒区南1丁目の画像

価格
1億1,000万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区1丁目
交通
洗足駅
徒歩14分

トップへ戻る