リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 気付かれずに不動産売却をおこなうには?媒介契約の種類などを解説

気付かれずに不動産売却をおこなうには?媒介契約の種類などを解説

≪ 前へ|頭金なしでも住宅ローンを組める?フルローンのメリット・デメリットとは?   記事一覧   不動産の売却益とは?不動産売却時に発生する税金の計算方法や節税方法を解説|次へ ≫

気付かれずに不動産売却をおこなうには?媒介契約の種類などを解説

気付かれずに不動産売却をおこなうには?媒介契約の種類などを解説

周りに気付かれずに、不動産売却をおこないたいという方は少なくありません。
周囲に気付かれることなく不動産を売却するには、どのような方法があるのでしょうか?
この記事では、周りに気付かれずに不動産売却をおこなう方法について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

気付かれずに不動産売却するには?媒介契約の選び方について

気付かれずに不動産売却するには?媒介契約の選び方について

周囲の方に気付かれずに不動産売却をおこないたい場合、媒介契約の選び方から気を付けなければなりません。
まずは、不動産売却の全体的な流れを理解しておきましょう。

不動産売却の全体的な流れ

不動産を売りたいと思ったら、まずは相談する不動産会社を探します。
その後の流れについては、以下のとおりです。

●不動産会社へ売却の相談をする
●不動産会社が売却物件の査定・調査をおこなう
●媒介契約を結ぶ
●売却活動の開始
●買主と売買契約を結ぶ
●決済をおこない物件を引き渡す


周囲に気付かれずに不動産を売却する場合、上記のフロー3番目にあたる「媒介契約を結ぶ」の段階で注意が必要です。
媒介契約とは、不動産の売却活動を依頼するために不動産会社と取り交わす契約です。
媒介契約には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があります。
気付かれずに売却活動をするためには、どの方法を選ぶと良いのでしょうか。
それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説します。

一般媒介契約

一般媒介契約では、複数の不動産会社と契約を結べます。
一般媒介契約のメリットは、レインズへの登録義務がないことです。
レインズとは、不動産流通標準情報システムのことで、不動産会社のみが閲覧できるインターネットサイトです。
レインズに登録されると、さまざまな不動産会社が物件情報を閲覧できるようになります。
ご近所さんが同じエリアで不動産を探していた場合、レインズの情報を見た不動産会社の担当が、ご自身が売却した物件を紹介するかもしれません。
一般媒介契約ではレインズへの登録が義務でないため、契約した不動産会社以外に情報が拡散されるのを防げます。
一方、デメリットとして、売主に対して販売状況の報告義務がないという点が挙げられます。
活動報告がないと、売却した物件が今どのような状態なのか把握できません。
販売状況をしっかり把握したい場合、一般媒介契約以外の方法を検討しましょう。

専任媒介契約・専属専任媒介契約

専任媒介契約・専属専任媒介契約では、複数の不動産会社と契約を結ぶことができません。
売却相談をした不動産会社1社だけと契約します。
デメリットは、レンズの登録が義務であることです。
必ずレインズへ登録されるため、多くの不動産会社が情報を閲覧できるようになり、一般媒介契約と比べて周囲に気付かれる可能性も高くなります。
一方、定期的に不動産会社から販売状況の報告があるという点がメリットです。
活動状況の報告が義務であるため、不動産会社はより一層売却活動に力を入れてくれるでしょう。
なお、専任媒介契約と専属専任媒介契約では「売主が自ら買主を見つけてきた場合の対応」が異なるため注意が必要です。
専任媒介契約では、売主自らが買主を見つけてきた場合、不動産会社をとおさずに直接取引ができます。
対して専属専任媒介契約では、不動産会社をとおさないと契約ができません。
レインズへの登録が問題ないと感じるようであれば、売却活動の状況が把握できる「専任系の契約」がおすすめです。

気付かれずに不動産売却したい場合の売却活動の進め方

気付かれずに不動産売却したい場合の売却活動の進め方

周囲に気付かれずに不動産売却をおこないたい場合、売却活動がとても限定的になります。
まずは、一般的な不動産売却ではどのような売却活動がおこなわれているのか理解しておきましょう。

主な売却活動方法

不動産を売却するとなると、不動産会社は以下のような売却活動をおこないます。

●折込チラシの配布やポスティング
●レインズへの登録
●住宅情報誌へ掲載
●不動産サイトへ掲載
●購入希望者に内覧をおこなう
●オープンハウスの開催など


どれも売却活動において重要なものですが、気づかれずに売却したい場合には、ポスティングや広告掲載は除いたほうが良いでしょう。
それでは、気付かれずに不動産売却するためにはどのような方法があるのでしょうか。
ここでは2つの方法をご紹介します。

不動産会社の顧客だけに物件を紹介する

不動産会社には、不動産を売却したい方だけでなく購入したい方も訪れます。
顧客の要望と一致する物件が出た場合に紹介できるよう、不動産会社は顧客リストを作成していることが一般的です。
もしも顧客の希望条件と一致する物件が販売された場合、ダイレクトメールや電話などで物件情報を紹介します。
これなら、不特定多数の方に不動産を売却したことが知られる可能性は少ないでしょう。
ただし、この方法では物件を紹介できる相手がかなり限定されてしまうというデメリットがあります。
売却物件の条件にあてはまる方が、必ずしも顧客リストのなかにいるとは限りません。
買い手が決まるまでに、通常よりも時間がかかると考えておきましょう。

不動産会社に買取してもらう

気付かれずに売却したい場合、不動産会社に買い取ってもらうのも1つの方法です。
不動産会社に不動産を買い取ってもらう買取では、広告や内見などの売却活動をおこなう必要がありません。
そのため、仲介による不動産売却よりも気付かれにくくなります。
デメリットとして「仲介よりも売却価格が低くなる」という点がありますが、どうしても気付かれずに売却したいという場合には買取を検討してみてはいかがでしょうか。

気付かれずに不動産売却をおこなうために必要な期間

気付かれずに不動産売却をおこなうために必要な期間

最後に、不動産が売れるまでにどのくらいの期間がかかるのかを解説します。
余裕をもってスケジュールを組めるよう、あらかじめ売却にかかる期間を把握しておきましょう。

売却にかかる期間の平均は3~6か月ほど

不動産売却にかかる期間の目安は3~6か月程度です。
「売ろうかな?」と思ってから不動産の査定をおこない、媒介契約を結ぶまでに1か月はかかるといわれています。
その後、売却活動を開始してから内覧対応・価格交渉までに1〜3か月、売買契約を締結してから引き渡しまで1か月ほどは必要です。
とはいえ、この期間はあくまでも目安であり、立地や物件の状態によってはさらに時間がかかることもあるでしょう。
とくに、気付かれずに不動産売却をしたい場合では、インターネットやチラシなどでの宣伝がおこなえず、一般的な売却よりも時間がかかってしまいます。

マンションの売却では最短2か月で完了することも

一戸建てや土地の場合、隣の敷地との境界線が明確でないケースが少なくありません。
境界線が曖昧なままだと後々トラブルになる可能性があるため、測量などをおこなう必要があります。
マンションの場合、このような測量は必要ありません。
そのため、一戸建てに比べて売却期間を短縮できる傾向にあり、最短2か月で売却が完了することもあります。

買取の場合は最短1週間程度

不動産会社が買い取ってくれる買取では、買い手を探す必要がないため、そのぶん売却にかかる時間を短縮できます。
買取の場合、最短1週間程度での売却が可能です。
仲介に比べると、売却価格が3割ほど安くなってしまいますが「安くなっても良いから、気付かれないうちに早く売却したい」という方におすすめの方法です。

まとめ

今回は、周囲に気付かれずに不動産売却をおこなう方法について解説しました。
ご近所さんや知人に気付かれずに不動産を売却するには、どの媒介契約を結ぶかが重要です。
媒介契約のそれぞれに異なる特徴があるため、メリット・デメリットを理解したうえで、自分に合う契約方法を選択しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|頭金なしでも住宅ローンを組める?フルローンのメリット・デメリットとは?   記事一覧   不動産の売却益とは?不動産売却時に発生する税金の計算方法や節税方法を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


目黒区柿の木坂2丁目

目黒区柿の木坂2丁目の画像

価格
2億1,800万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区柿の木坂2丁目
交通
都立大学駅
徒歩12分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る