リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 不動産売却が長引く原因と対処法とは?売却にかかる期間の目安もご紹介!

不動産売却が長引く原因と対処法とは?売却にかかる期間の目安もご紹介!

≪ 前へ|「古家付き土地」の売却方法は?そのままの状態と更地にした場合について解説   記事一覧   負動産は不動産売却で処分しよう!相続放棄の方法も解説|次へ ≫

不動産売却が長引く原因と対処法とは?売却にかかる期間の目安もご紹介!

不動産売却が長引く原因と対処法とは?売却にかかる期間の目安もご紹介!

不動産売却を検討している方のなかには、「どれくらいの期間がかかるのか知りたい」、「売却が長引かないか不安」と思う方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不動産売却に必要な期間の目安と、売却が長引く原因・対処法について解説します。
すでに売却活動中の方も、対処法を参考にしていただければ幸いです。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却に必要な期間の目安とは?

不動産売却に必要な期間の目安とは?

一般的に、不動産売却に必要な期間は、3~6か月です。
もちろん、買い手が見つかる早さによって期間は前後するのであくまで目安です。
需要の高いマンションの場合、不動産売却が完了するまで2か月のケースもありますよ。

不動産売却の流れと期間

不動産売却の流れと、それぞれの期間を確認していきましょう。
不動産売却が長引いている場合は、どの段階で手続きが停滞しているのかよく確認してください。

流れ①情報収集・不動産会社決定
まずは周辺エリアの売り出し価格をチェックするなど、情報収集をおこないます。
そのあと不動産会社に査定を依頼し、問題なければ媒介契約を結びます。
情報収集をどれほど丁寧におこなうかによって期間は前後しますが、目安は約2週間~1か月ほど必要になります。

流れ②売却活動・条件交渉など
次は、売却価格を決めて売却活動を開始します。
広告やインターネットを利用して、買い手探しをおこなうのがこの期間です。
希望者には内見に来てもらい、物件を購入するか検討を進めてもらいます。
売却活動・条件交渉に必要な期間の目安は1~3か月ほどです。
価格の交渉が長引く可能性もありますので、覚えておきましょう。

流れ③売買契約・引き渡し
最後に、売買契約と引き渡しをおこないます。
ここでは、住宅ローンの審査が長引き時間がかかる可能性が高いです。
契約が決まってからも、2週間~1か月は期間が必要になると思っておきましょう。
物件の引き渡しは住宅ローンの実行時になるので、審査がとおらないと不動産売却は完了しません。
少し期間がかかりますが、審査の結果を待ちましょう。

不動産売却が長引いていないか確認しよう

上記の期間をあきらかに過ぎている場合、不動産売却が長引いていると判断できます。
ご自身の不動産売却が長引いていないか、今一度確認してみましょう。
不動産売却が長引くケースでは、原因を把握して正しい対処法を取ることが大切です。

不動産売却が長引く原因とデメリットとは?

不動産売却が長引く原因とデメリットとは?

不動産売却が長引くのには、いくつかの原因があります。
ここからは、不動産売却が長引く原因と、それにより発生するデメリットについて解説します。

価格が高すぎる

物件に対して売却価格が高すぎることが原因で、買い手が見つからないケースがあります。
売却価格を決めるポイントは、下記のとおりです。

●築年数
●間取りと広さ
●立地の良さ


築年数が古く立地の悪い物件を高値で売却しようとしても、なかなか買い手は現れません。
不動産売却が長引いている場合、物件の条件と売却価格が見合っているか、今一度検討し直す必要があります。

売却のタイミングが悪い

不動産売却がおすすめの時期は、春と秋です。
新学期の春と、人事異動の多い秋は、不動産が売れやすいタイミングとなっています。
不動産売却で売れやすいタイミングを見極めるのは大切です。
売却のタイミングが悪いと、買い手が見つからずに不動産売却が長引く原因となります。
基本的おすすめなのは春と秋ですが、地域によって不動産が売れやすいタイミングは異なるので注意しましょう。

土地の境界線が明確でない

土地の境界線が明確化されていないと、不動産売却が長引く原因になります。
土地の境界線を明確化するために、3~4か月かけて確定測量図を作成するからです。
確定測量図の作成には、多くて約80万円ほど必要なケースもあります。
費用を用意する時間も考慮すると、不動産売却が長引く原因の1つになってしまうのです。
売却予定の土地は、早めに境界線を明確化しておきましょう。

周辺に魅力的な売却物件が多い

自分の売却物件より魅力的な売却物件が周囲に集まっていると、買い手が流れてしまいます。
売却活動中も、定期的に周囲の売却物件をチェックするのがおすすめです。
どのような物件に買い手が集まりやすいのか、情報収集を徹底しましょう。

不動産売却が長引くことによるデメリット

不動産売却が長引くと、不動産の印象が悪くなってしまうデメリットが発生します。
売却が長引くということは、広告やインターネットに長い期間物件が掲載されるということ。
すると、購入希望者のなかには「売れ残っているのには原因があるのかも」と不信感を抱く方も出てきます。
結果として、買い手が見つかりづらい状況が長期化していくのです。
また、建物の年数が経過することにより、資産価値が下がるリスクもあります。
それに伴い、売却価格も下がっていくでしょう。
売りに出している建物の資産価値が下がっていくと、精神的にも焦りがでてきます。
適切な対処法で少しでも早く売却を進めたいところです。

不動産売却が長引く際の対処法とは?

不動産売却が長引く際の対処法とは?

最後に、不動産売却が長引く際の対処法をご紹介します。

販売価格を見直す

物件に対して適正な販売価格となっているか、今一度見直してみましょう。
場合によっては販売価格を下げることで、買い手が見つかる可能性が上がります。
ここで大事なのが、頻繁に価格を変えないこと。
頻繁に価格を変えていると、「まだ価格が下がるかも」と購入を足止めするきっかけになってしまいます。
1番良いのは、最初から適正価格で販売をスタートすることです。

物件の整理整頓をおこなう

不動産売却が長引く際の対処法として、物件の整理整頓をおこなうのがおすすめです。
購入希望者が内見に訪れても、整理整頓がされていない物件の魅力度は下がってしまいます。
しっかりと整理整頓をおこない、物件の魅力度を高めましょう。
できれば整理整頓するだけでなく、掃除をきちんとおこない綺麗な状態を保っておくと良いです。
とくに水回りを気にする購入希望者は多いため、水回りを重点的に綺麗にしておくことで、買い手が見つかりやすくなりますよ。

売却のタイミングを見極める

先ほどもご紹介したとおり、不動産が売れやすいのは春と秋の時期です。
少しでも早く売却活動を進めるために、春と秋に売りに出すのがおすすめです。
しかし、近隣に競合物件が少ない時期も売却のタイミングとして最適と言えます。
売却のタイミングを正しく見極めるためには、情報収集が欠かせません。
「この地域はどのタイミングが売れやすいのか」、「現在競合物件が何件あるのか」、しっかりと情報を集めましょう。

買取を検討する

不動産売却が長引いた場合、不動産会社に買取依頼をするのも対処法の1つです。
売却価格は7~8割前後に下がりますが、買い手を探す時間が省かれるためすぐに売却ができます。
また、不動産買取の場合、仲介手数料が無くなるのが大きなメリットです。
売却価格を下げる前に、買取を検討してみてはいかがでしょうか。
住み替えなどで売却期間が決まっている方も、買取であればスムーズに住み替えをおこなうことが可能です。
期限が決まっている売却活動の場合、その分精神的な負担も大きくなります。
「期限内に売れなかったらどうしよう」と焦りがある方は、ぜひ不動産会社の買取を検討してみましょう。

まとめ

不動産売却を始めてから6か月以上経過している場合、売却が長引いている可能性が高いです。
この場合、買い手が見つからない原因を突き止めて、正しい対処法で売却活動を見直す必要があります。
これから売却活動を進める方は、売り出すタイミングも大切です。
事前の情報収集を徹底して、少しでも早く売却できるよう工夫しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|「古家付き土地」の売却方法は?そのままの状態と更地にした場合について解説   記事一覧   負動産は不動産売却で処分しよう!相続放棄の方法も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る