リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 住み替えローンの特徴とは?メリット・デメリットも解説!

住み替えローンの特徴とは?メリット・デメリットも解説!

≪ 前へ|網戸の選び方とは?種類ごとの特徴を解説!   記事一覧   不動産登記に関する登録免許税とは?税率や軽減措置について解説|次へ ≫

住み替えローンの特徴とは?メリット・デメリットも解説!

住み替えローンの特徴とは?メリット・デメリットも解説!

転勤や転職など家庭の都合で、住み替えが必要になった場合に役に立つのが「住み替えローン」です。
「住宅ローンを完済していない」「自己資金が足りない」といった場合でも、新居を購入して住み替えることが可能になります。
そこで当記事では、住み替えローンの特徴やメリット・デメリットについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

住み替えローンの特徴や利用条件とは?

住み替えローンの特徴や利用条件とは?

マイホームの住み替えをおこないたいときに役立つ住み替えローン。
そんな住み替えローンの特徴や利用条件とはなにか、確認していきましょう。

残債があっても利用できる

住み替えローンの大きな特徴は、すでに組んでいる住宅ローンの残債があっても利用できることです。
「住宅ローンを完済しないと住み替えはできない」と考えている方は多いのですが、住み替えローンを利用すれば完済せずとも住み替えができるのです。
住み替えローンでは、「残債分の金額」と「新しく住み替えるマイホームの購入資金」を合わせて借り入れすることができます。

住み替えローンを利用すると抵当権を抹消できる
住み替えローンを組むことで、残債を返済する資金が手に入るので、すでに組んでいる住宅ローンの抵当権を抹消することができます。
住宅ローンにおける抵当権とは、返済できなかったときのためにマイホームを担保として抵当に入れるもので、金融機関から設定を求められる権利です。
しかし、住み替えローンを利用することで抵当権を抹消することができ、抵当権を理由に住み替えができなくなることはありません。

住み替えローンの利用条件とは

住み替えローンには利用条件があります。
それは「家を売却しても住宅ローンが残っていること」です。
これを「担保割れ」と言います。
担保割れにならず住宅ローンを完済できる方は、住み替えローンを利用することはできません。
また、担保割れしていても「貯金などの自己資金で補えば完済できる」という方も、住み替えローンを利用する必要はないでしょう。
完済した後に、新しく住むマイホームに対して新たな住宅ローンを組むことができるからです。

手元に資金を残したい方におすすめ
「住み替えたことによって貯金が無くなった」となれば、金銭面に不安を抱えた状態で新生活を過ごすことになります。
「貯金を切り崩して返済額を減らすことはできるが、今後のためにも貯金は残しておきたい」と考える方もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、住み替えローンを利用することをおすすめします。

住み替えローンのメリットとは?

住み替えローンのメリットとは?

住み替えに便利な「住み替えローン」のメリットを解説します。

メリット①残債があっても利用できる

住み替えローンのメリットは、先述のとおり住宅ローンの残債があっても利用できることです。
住宅ローンが完済できないために、住み替え先の新居購入を諦める方もいらっしゃいます。
しかし、住み替えローンを利用すれば、残債がある状態で住み替えが必要になっても新居を諦める必要がないのです。

メリット②自己資金を用意しなくて良い

住み替えローンは、自己資金を用意せずに住み替えることができます。
ローンの残債を自己資金から補ったり、資金援助してもらう必要がないのです。
住宅ローンの返済額を減らしたり、自己資金が貯まるのを待ったりする必要もありません。
「急な住み替えのため自己資金を用意する時間がない」という方は、住み替えローンを検討してみてはいかがでしょうか。

メリット③2重ローンを避けられる

住み替えローンを利用することで、住み替え前の住宅ローンの返済と、住み替え後の住宅ローンの返済を1つにまとめることができます。
2重ローンになることに比べて、支払いがしやすくなり、返済計画を立てやすくなるでしょう。
2重ローンを避けられることは、住み替えローンの大きなメリットと言えます。

メリット④住み替え費用を節約できる

住み替えローンを利用する際は、マイホームの売却と購入を同時におこないます。
そのため、新居を購入するまでの「仮の住まい」へ引っ越す必要がなくなるのです。
住み替えローンを利用しないのであれば、自宅を売却して新居を購入するまで、多くの場合は仮の住まいとして賃貸物件を契約する必要があるでしょう。
そうすると、引っ越し代や契約にかかる諸費用、家賃などの費用が発生します。
このような住み替え費用を節約できるのは、住み替えローンのメリットと言えるでしょう。
効率的に住み替えをおこないたい方に、住み替えローンはおすすめです。

住み替えローンのデメリットや注意点とは?

住み替えローンのデメリットや注意点とは?

住み替えに便利な「住み替えローン」ですが、デメリットや注意点もあるのでよく理解しておきましょう。

デメリット①審査が厳しい

住宅ローンの残積と新居の購入資金を借り入れる「住み替えローン」は、融資額が大きいのが特徴です。
借入金額が高額になることもあり、審査が厳しいというデメリットがあります。
金融機関にとっては資金を回収しきれないリスクが高いローンなので、審査が厳しくなるのは受け入れるしかありません。
審査項目は下記のとおりです。

●売却価格で完済できない状態である
●自己資金で完済できない状態である
●滞納履歴がない
●売却と購入を同時にできる


滞納履歴については、他のローンやクレジットカードも審査の対象になります。
日頃からクレジットカードの使い方に注意して、滞納しないよう心がけましょう。
「支払い期日を忘れてうっかり滞納してしまった」という事態にならないよう、金銭面のスケジュール管理を徹底することも大切です。

デメリット②オーバーローンとなる

先ほどもご説明したとおり、住み替えローンは融資額の大きいローンです。
そのため、住宅の価値よりもローン残債のほうが大きい「オーバーローン」となるのが一般的です。
「ローンの支払いができなくなってしまった」という事態を避けるためにも、今後の返済計画をしっかりおこなう必要があります。
返済ができなくなると、せっかく購入したマイホームを手放すことになるかもしれません。
このような事態を避けるためにも、金融機関と密に話し合い無理のないプランを設定してください。

デメリット③金利が高い

通常の住宅ローンに比べて、金利が高いのがデメリットです。
「住み替えローン」は国からの優遇を受けることができないので、自然と金利も高くなってしまいます。
借り入れる前に、金利について詳しく説明を受けることが大切です。

デメリット④時間的な余裕があまりない

売却と購入を同時におこなうため、時間的な余裕がなくなりやすいというデメリットがあります。
「計画的にスケジュールを組んで進めたい」という方は、ぜひ弊社にご相談ください。

時間にゆとりを持ちたい場合は「買い替え特約」を利用する
買い替え特約とは、期限までに売却が完了しなかった場合でも、違約金を払うことなく購入をキャンセルできる制度のことです。
スケジュールにゆとりをもって買い替えを進めることができるので、利用することをおすすめします。
ただし、新居の売主に買い替え特約を付けることを納得してもらう必要があります。
気になる物件を見つけたら、買い替え特約を付けることが可能か、確認してみると良いでしょう。

住み替えローンにおける注意点

住み替えローンで大切なことは、「余裕のある返済プランを立てること」です。
デメリットでもご説明したとおり、住み替えローンは金利が高く、借入金額が大きいという特徴があります。
安易な気持ちで借入をおこなうと、後々の返済が困難になるかもしれません。
「子育てに必要な資金」や「親の介護費用」など、住宅関連以外での支出がないか、将来的なものも含めて一度よく考えてみましょう。
その際に、自分だけで決めるのではなく、ご家族でよく話し合いをすることが大切です。
将来、トラブルになりそうなことを事前に把握し、それをできるだけ避けた安全なローン返済の計画を立ててくださいね。

まとめ

住み替えローンの特徴やメリット・デメリットについて解説しました。
自己資金を用意せずとも住み替えができる便利な「住み替えローン」ですが、デメリットも頭に置いておくことが大切です。
オーバーローンであることをよく理解して、慎重に返済計画を進めましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|網戸の選び方とは?種類ごとの特徴を解説!   記事一覧   不動産登記に関する登録免許税とは?税率や軽減措置について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る