リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 住宅購入時にペアローンを利用するメリット・デメリットとは

住宅購入時にペアローンを利用するメリット・デメリットとは

≪ 前へ|リビングにスケルトン階段を採用するメリットとデメリットは?   記事一覧   2世帯住宅の特徴とは?間取りタイプやメリット・デメリットを解説|次へ ≫

住宅購入時にペアローンを利用するメリット・デメリットとは

住宅購入時にペアローンを利用するメリット・デメリットとは

これからマイホームの購入を考えている方の多くは、住宅ローンの利用を検討しているかと思います。
夫婦で仕事をしているご家庭は、ペアローンについても是非検討してみてください。
ここでは、ペアローンのメリットとデメリットについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ペアローンと収入合算の違いとは

住宅ペアローンと収入合算の違いとは

住宅ペアローンは、住宅などを購入する際に、夫婦それぞれが別々にローンを組む方法です。
住宅一つに対して二つのローンを組むのが特徴で、夫婦で住宅を購入する金額を、二人が納得する金額ずつ引き受けて返済していくことができます。
たとえば、2,000万円の物件の場合は、1,000万円ずつ引き受けて返済していくこともできますし、1,200万円と800万円に分けて、それぞれが支払っていくことも可能です。
夫婦それぞれの収支について考えながら、よく話し合って決めると良いでしょう。
また、特徴の一つとして、夫婦それぞれがお互いの連帯保証人になることが義務となっています。
夫婦で住宅を購入するときに、収入合算を選ぶ方もいますが、こちらの方法にも特徴があります。
こちらは、一つのローンを利用して夫婦のどちらかが主債務者となり、連帯保証人は収入合算者となります。
ペアローンは必ずしも皆利用できるわけではない
魅力も多いペアローンですが、希望するすべての方が利用できるものではありません。
夫婦二人でローンを組むため、当然二人それぞれが審査をクリアする必要があります。
そのため、どちらかが審査をクリアできないときは、ペアローンを利用できません。

住宅ペアローンを利用するメリットとは

住宅ペアローンを利用するメリットとは

住宅ペアローンを利用する一番のメリットは、たくさんお金を借りられることです。
そのため、高価な住宅を買うこともできますので、購入する住宅の幅も広がります。
たとえば、希望の物件があるけれど一人だけの借入限度額では手が届かず、頭金も用意するのが難しいといった場合もあるかもしれません。
そんなとき、夫婦それぞれがペアローンを組むことで、借入限度額を増やすことができます。
その結果、本当に希望している住宅を購入できるようになります。
資金によって希望している住宅を諦める必要がありませんので、そこは大きなメリットと言えるでしょう。

それぞれが別々のプランでローンを組める

夫婦それぞれが、別々のプランでローンが利用できるのも、大きな特徴でありメリットです。
たとえば、旦那様が変動金利でローンを組み、奥様が固定金利にするということも可能ですし、一人が長期間返済するようなローンを組んで、もう一人が短期間で返済し終わるようなプランにすることも可能です。
このように、いろいろ考えながら、自分たちに合った方法でローンを利用できるのも良いところです。

夫婦それぞれが住宅ローン控除の対象になる

節税ができるのもメリットです。
住宅を購入すると、「住宅ローン減税」が適用となり、ある期間住民税や所得税などが少なくなります。
ペアローンの場合、住宅ローン控除は夫婦のどちらも適用になるのですが、収入合算の場合はローンを組んだ本人だけが適用となり、この部分にも違いがあります。
つまり、ペアローンの場合は二人とも適用になりますので、結果的に節税につながります。

夫婦それぞれが団体信用生命保険に加入できる

ペアローンを利用すると、夫婦それぞれが別々にローンを組むことになります。
そのため、「団体信用生命保険」も、それぞれが加入できるので、そこに大きな魅力を感じる方もいるようです。
団体信用生命保険とは、住宅ローンを組んでいた人が、亡くなってしまったときなどに、残りの返済額を金融機関が支払ってくれるというものです。
この保険に夫婦それぞれが加入できますので、万が一どちらかが亡くなってしまったときも金融機関がその分を返済してくれますので、返済する負担が増える心配がありません。
長い期間ローンを返済していく方が多いですから、こういった保険はうれしい存在だと言えるでしょう。

夫婦二人ですまい給付金が受け取れるようになる

「すまい給付金」とは、収入額が775万円以下の方が対象となっている制度で、消費税が上がることで生じる住宅購入者の負担を緩和するのが目的となっています。
ペアローンであれば、夫婦それぞれがすまい給付金を得ることが可能です。

住宅ペアローンを利用するデメリットとは

住宅ペアローンを利用するデメリットとは

住宅ペアローンを利用するメリットは、このようにたくさんありますので、これから住宅を購入する方にとっても魅力的な方法だと言えるでしょう。
しかしながら、デメリットも当然ありますので、その点も理解した上で判断する必要があります。

団体信用生命保険について

夫婦それぞれが団体信用生命保険に加入できるということは、もちろんメリットではあるのですが、注意したいのは、これはあくまでも亡くなった方が組んでいたローンに対してだけ適用となるということです。
つまり、金融機関が返済してくれるのは、亡くなった方が契約していたローンだけであり、もう一人が契約したものに関しては引き続いて返済していかなければなりません。
ペアローンを利用せず一人の方が主債務者になると、こういった万が一のことがあったときは、全額返済する必要がなくなります。
しかし、ペアローンは違いますので注意が必要です。
たとえば、住宅ローンを返済しながら一人で子育てをすることになった場合、どうしても経済的に負担が増えてしまいます。
場合によっては、これまでどおり仕事を続けられなくなる可能性もあるでしょう。
このように、ローンの返済だけでなく、さまざまな角度から考えて、ペアローンが自分たちに合っているのかどうか判断することが大切です。

諸費用が多くかかる

ペアローンを利用する場合、何かと二つ分の手続きが必要となるため、その分諸費用が多くかかってしまうといったデメリットがあります。
ローンを二つ契約するので、登記手数料や事務手数料、印紙代なども倍必要になります。

月々の返済額が高くなる傾向がある

たくさんお金を借り入れることができるため、高額な住宅を購入する方も多くなるかもしれません。
もちろん、それはそれで良いのですが、たくさんお金を借り入れるということは、返済額も多くなりますので、無理のない返済計画を立てることも大切になります。
これは、ペアローンに限ったことではありませんが、長い期間払い続けるのが予想されるため、その間に予想されるあれこれの対処法を考えつつ、進めていくことをおすすめします。

離婚すると手続きが非常に面倒になる

ペアローンを利用する最大のデメリットは、離婚になったとき、問題が多く手続きなども面倒です。
たとえば、両者のどちらかが売却を希望しなかった場合、共有名義になっているため売るのが難しくなります。
また、両者がそれぞれの連帯保証人になっているので、どちらかの返済が滞ってしまったときに、たとえ離婚後であっても、もう一人に支払い義務が発生してしまいます。
必要な手続きもありますので、離婚は多くの労力とストレスがかかると言えそうです。
このように、気になる点もありますので、離婚に至った場合どのようにしたら良いのか、よく考えてから判断することをおすすめします。

まとめ

住宅ペアローンとは、夫婦二人でそれぞれローンを契約して支払う方法です。
メリットも多いので、検討される方も少なくありませんが、デメリットもありますので、慎重に判断する必要があります。
とくに、離婚する場合は手間がかかったり問題が発生する可能性もあったりと、注意したいこともあります。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|リビングにスケルトン階段を採用するメリットとデメリットは?   記事一覧   2世帯住宅の特徴とは?間取りタイプやメリット・デメリットを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る