リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 二世帯住宅の種類とは?それぞれのメリットとデメリットを知ろう

二世帯住宅の種類とは?それぞれのメリットとデメリットを知ろう

≪ 前へ|マイホームの床の間とは?必要性やリフォームの相場   記事一覧   一戸建てにトイレはいくつ設置する?一般的な広さや導入時の注意点|次へ ≫

二世帯住宅の種類とは?それぞれのメリットとデメリットを知ろう

二世帯住宅の種類とは?それぞれのメリットとデメリットを知ろう

二世帯住宅とは、祖父母とひとつ屋根の下で同居するための家です。
ひと昔前までは同居が当たり前でしたが、子どもが独立し、それぞれの家で生活するのが一般的になりました。
しかし最近では時代やライフスタイルの変化により、二世帯住宅での同居生活がふたたび注目されています。
この記事では二世帯住宅をテーマに、種類やそれぞれがどのようなつくりなのか、メリットやデメリットとともにお伝えしていくのでぜひご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

二世帯住宅とはどんな家?居住スタイルによって異なる種類

二世帯住宅とはどんな家?居住スタイルによって異なる種類

二世帯住宅とは親と子どもがともに生活するための家で、大きく3つの種類にわけられます。
建物の構造や間取りによって種類が異なるので、家族の人数や生活スタイル、どう居住するのかに応じて選ぶのがポイントです。
では3つの種類について、それぞれの特徴を見ていきましょう。

完全分離型

二世帯住宅のなかでも最近注目されているのが完全分離型という種類です。
完全分離型とは玄関はもちろん、キッチンやお風呂などの水回り、リビングなどをすべて分離し、世帯を2つにわけて建築します。
二世帯住宅で同居と言われても、核家族が一般的になっている今、いきなり親と同居するのは難しいという方も多いでしょう。
完全分離型なら同じ敷地内に住めるので、同居というポイントを守りつつ、お互いに程よい距離を保つことが可能です。
また完全分離型とは以下の2種類に分類されます。

●2階建て以上の家を建てて、階層で世帯を分離する
●同じ形の家を2つ敷地内に建てて、壁を隔てて左右に分離する


どちらの方法でも、ひとつ屋根の下で同居することが可能です。

完全同居型

完全同居型の二世帯住宅とは、それぞれの寝室や居室以外が共同になった種類です。
玄関だけでなくキッチンやお風呂などの水回りや、リビングなどを親世帯と使うことになります。
日本で昔から続いてきた同居スタイルがこの完全同居型で、寝る以外の生活をすべて共有していくのが特徴です。
結婚後、夫もしくは妻の実家で同居する方もなかにはいると思います。
完全同居型は二世帯住宅用につくられるものなので、より広い空間で両親と住むイメージですね。

部分共有型

そして二世帯住宅には部分共有型というものもあります。
部分共有型とは共有するスペースと個別のスペースにわかれている種類です。
たとえば玄関のみ共有し、リビングやキッチン、お風呂など内部設備を別々に設けます。
部分共有型とは、完全分離型と完全同居型のあいだをイメージするといいでしょう。

二世帯住宅に居住するメリットとは?

二世帯住宅に居住するメリットとは?

次に二世帯住宅に居住するメリットとは、どのようなことが挙げられるのでしょうか?
完全分離型、完全同居型、部分共有型それぞれ見ていきます。

完全分離型のメリット


●プライバシーが確保できる
完全分離型の二世帯住宅なら、お互いのプライバシーが確保されやすいのがメリットです。
お互いの生活を干渉せず、生活リズムを保てるのがメリットでしょう。
近すぎず、遠すぎない場所で同居したいという方に、完全分離型の二世帯住宅はおすすめです。

●生活費を世帯ごとにわけられる
完全分離型のメリットとして、光熱費や食費などの生活費をわけられることも挙げられます。
同居と聞くと光熱費や食費も合算するイメージがありますが、完全分離型ならそれぞれの生活費を把握でき、家計管理もしやすそうですね。

完全同居型のメリット


●にぎやかに生活できる
完全同居型なら家族の人数が増えるので、にぎやかに過ごせるのがメリットです。
子ども世帯に赤ちゃんや幼児がいる場合、祖父母に育児をサポートしてもらうことも可能でしょう。
育児だけでなく、それぞれの生活をお互いにサポートできるのが完全同居型のメリットです。
また親世代が高齢になったとき、子ども世帯で支えられるのも魅力です。

●建築費用が安く済む
完全分離型や部分共有型に比べると、建築費用をおさえられます。
ほとんどの設備が基本的には1つなので、2つずつ導入するタイプより安く済むからです。
限られた予算内で二世帯住宅を建てたい方は、完全同居型を検討するといいでしょう。

部分共有型のメリット


●距離を保ちつつコミュニケーションがしっかりとれる
部分共有型の場合、距離を保ちつつコミュニケーションをしっかりとることが可能です。
たとえば寝室やリビング、お風呂は分離しているが、キッチンとダイニングは共有する場合、食事の時間に家族全員でコミュニケーションをとれます。
リビングやお風呂といったリラックスする空間は別々なので、完全分離型より家族間の距離を上手にとれるでしょう。

●光熱費を節約できる
キッチンなど光熱費のかかる場所を共有できるので、光熱費の節約につながります。
お風呂やトイレなど、共有する場所は自由に決められるので、水道代や電気代、ガス代など月々の負担を軽減できるのも部分共有型のメリットです。

二世帯住宅に居住するデメリットとは?

二世帯住宅に居住するデメリットとは?

では二世帯住宅に住むデメリットとは、どのようなことが挙げられるのか、完全分離型、完全同居型、部分共有型それぞれ詳しく見ていきましょう。

完全分離型のデメリット


●建築費用が割高になる
完全分離型の二世帯住宅とは、同じような家を2つ建てることになるため、ほかの種類より建築費用が割高になります。
また横に広がったかたちで家を建てるため、広さのある土地が必要なのもデメリットでしょう。

●コミュニケーションをとらないと同居の意味が薄れてしまう
完全分離型のメリットとは、お互いに干渉せずそれぞれの生活スタイルが守れるところです。
居心地が良い反面、コミュニケーションをとらずにいると、同居という安心感が薄れ寂しい生活になってしまうかもしれません。
設備も完全に分離させるので、「隣に住む他人」にならないよう心がけましょう。

完全同居型のデメリット


●プライバシーを確保しにくい
寝室や居室以外はすべて共有なので、プライバシーが確保されにくいのがデメリットです。
人目を気にせずのんびりすることや、夫婦の時間を過ごすのが難しくなることもあります。
そのため寝室や居室の間取りを工夫し、お互いのプライバシーを確保できるような家を検討してください。

●義理の両親との関係
夫もしくは妻が義理の両親と暮らすため、良好な関係を保たなくてはなりません。
仲が悪くなると住み心地が悪くなってしまうので、家族全員が協力して暮らす必要があります。

部分共有型のデメリット


●生活スタイルの違いがストレスに
共有部分とプライベート空間をわけた部分共有型は、生活スタイルの違いでストレスが生まれることがあります。
完全分離型なら掃除機をかける音や洗濯機を回す音が響きにくいですが、部分共有型は世帯ごとの生活音が響きやすいのがデメリットです。
間取りを工夫したり防音性の高い壁を導入したり、生活音が響きにくい設計を心がけましょう。

●光熱費を把握しにくい
キッチンなど部分的に共有する部分共有型は、光熱費の線引きが難しいのもデメリットです。
光熱費がかかる部分を共有にでき、月々の支払いを節約できる反面、どちらがどのくらい使ったのかが明確に把握できません。
生活費を世帯別にしっかりわけたい方は、完全分離型がおすすめでしょう。

まとめ

この記事では二世帯住宅とはどのような種類があるのか、メリットとデメリットを含めお伝えしていきましたが、いかがでしたか?
最近は両親の高齢化にともない、二世帯住宅を検討する方が増えています。
今回ご紹介した内容を参考に、家族の人数やライフスタイルに応じた種類を選んでください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|マイホームの床の間とは?必要性やリフォームの相場   記事一覧   一戸建てにトイレはいくつ設置する?一般的な広さや導入時の注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る