リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 一戸建て住宅の間取りを決めるうえで階段選びは重要!種類やメリットを知る

一戸建て住宅の間取りを決めるうえで階段選びは重要!種類やメリットを知る

≪ 前へ|目黒区は子育て世帯におすすめの街!目黒区の子育て支援とポータルサイトを徹底解説   記事一覧   東京23区内で安産祈願ができる神社や寺社をご紹介します!|次へ ≫

一戸建て住宅の間取りを決めるうえで階段選びは重要!種類やメリットを知る

一戸建て住宅の間取りを決めるうえで階段選びは重要!種類やメリットを知る



今回は目黒区、世田谷区、港区、渋谷区でマイホーム用土地購入を検討している子育てファミリー向けに、間取りを考える時に見落としがちな階段についてご紹介していきます。

 

一戸建て住宅では必要になってくる場合が多いので、間取り決めとともにぜひ慎重に検討してみてくださいね。

 

【一戸建て住宅の間取りで大事なポイント!階段の位置とは】


間取りと階段について


 

まずは一戸建て住宅の中のどの位置に階段があるのが良いかについて考えていきましょう。

 

そのほかの部分の間取りとの関係も深く、どこに階段をつけるかによって動線や室内の印象を変化させます。

 

間取りを考え始めるうえで、玄関の次に大事なのが階段の位置と言われることもあるほどです。

 

よく見る日本の住宅に多い階段の位置は、玄関ホールに配置したものです。

 

断熱性能が低い建物では、1階の暖かさが2階へと流れてしまうので、昔作られた一戸建て住宅では玄関ホールに作られる場合が多かったそうです。

 

しかし現在では断熱性能の高い一戸建て住宅が増えてきたので、リビングに配置する「リビング階段」が増えてきています。

 

これにより2階へ上がるために必ずリビングを通るようになるので、家族が必ず顔を合わせるきっかけとなります。

 

そのようにコミュニケーションを取れるというメリットがあるので、間取りを決める際にリビングに導入するファミリーもいるようです。

 

それ以外には一戸建て住宅の中のどの位置に設置できるのでしょうか。

 

たとえば、一戸建て住宅の中心付近に設置する場合、2階へ行く動線を短くしやすくしたり、無駄なスペースを減らしたりするメリットがあります。

 

リビングに設置する場合もこれになる場合が多いです。

 

建物の中央に配置すると部屋のアクセントにもなり、魅力的な雰囲気も作れますね。

 

一戸建て住宅の隅に階段を配置する場合は、2階の各部屋に行く動線が長くなる場合もありますが、玄関の近くにすることで動線の長さに関しては解決できます。

 

また、折り返し階段にすれば階段下に収納を設けることも可能です。

 

一戸建て住宅の壁に沿って直線的に配置した直階段の場合は、見た目に安定感がでます。

 

細長い土地に建てる一戸建て住宅ならば、直線に長いスペースがとりやすく空間を活用できるというメリットもあります。

 

一戸建て住宅の中でどのような動線で暮らすか、部屋をどう見せたいかなどで間取りや階段の位置を考えていきたいですね。

 


<位置と同じくらい大切!外観2種類を紹介>


 

外観には2種類あり、「箱型」と「オープン型」があります。

 

箱型は踏板の下にけこみ板を付けたタイプで、間取りに合わせた実用性があります。

 

たとえば、階段下に収納スペースを付けたい場合には、こちらが良いでしょう。

 

またコストパフォーマンスも良いです。

 

オープン型は、踏板の下に何もつけず空いている種類のことです。

 

見た目がすっきりしており軽やかなので、部屋を広く見せてくれるメリットがあります。

 

開放的で洗練された印象になりますね。


 

【一戸建て住宅の間取りで大事なポイント!階段は木製?】


間取りと階段について2



次は材質について見ていきましょう。

 

まずは木製の特徴です。

 

木製の場合、箱型とオープン型の2種類があります。

 

また木製の箱型は、直線的に登るI型タイプと、U字タイプに分けられます。

 

箱型は家の中でも比較的よく使われており、階段下のスペースを物入れやトイレとして使えるため、コンパクトな住宅でスペースを有効に使いたい場合に向いています。

 

木製は一般に広く使われいるので、間取りに合わせた実用的なデザイン例がたくさん出てくるのも魅力的ですね。

 

その作りやすさから、価格も抑えられるのも魅力です。

 

木製のオープン型は、箱型に比べて見た目がすっきりと軽くなるのが特徴です。

 

下が開いているので部屋が広く見える効果があり、リビングにもおすすめです。

 

窓の横に設置したい場合にも使えますので、間取りの幅が広がる点も魅力的です。

 


<鉄骨製はどうなのか?>


 

それでは次に鉄骨製を見ていきましょう。

 

鉄骨製の場合は見た目がおしゃれなものが多いです。

 

金属は木材より丈夫なため、踏板を薄く作っても強度に問題がない点が魅力で、軽やかな見た目やこだわりの形がある人に向いています。

 

直線的な形やU字、らせん状にするなども可能になっています。

 

鉄骨製は踏板の部分だけ木製にすれば、冷たさや滑りも抑えられます。

 

工夫次第で好みの見た目や使いごこちに仕上げられそうですね。


 

【一戸建て住宅の間取りで大事なポイント!階段の種類って?】


間取りと階段について3


 

それでは次に、種類について見ていきましょう。

 

「直階段(I型タイプ)」

 

こちらは一般の一戸建て住宅で多く使用されている種類です。

 

途中で曲がったり折れたりせず、まっすぐ上り下りをするタイプになっています。

 

縦に長いスペースがある場合に利用でき、シンプルな形なので費用も安く済むのもメリットです。

 

踊り場がないので必要面積も狭くなります。

 

特に敷地面積が狭い家にはおすすめで、壁に沿って階段下のスペースも有効活用できるのもメリットです。

 

直線の形なので2階への家具の搬入がしやすいのも魅力ですね。

 

「かね折れ階段(L字タイプ)」

 

かね折れは、途中で90度(L字)に折れ曲がる形になっている種類を言います。

 

I型タイプよりも小さなスペースに収められるのがメリットです。

 

かね折れ階段には踊り場があるので、万が一階段を踏み外しても下まで落ちてしまうのを防げますので安全です。

 

「折り返し階段(U字タイプ)」

 

折り返しは、かね折れをさらにもう一度折り曲げ、U字を描いて上り下りするタイプです。

 

かね折れよりもさらに小さなスペースに階段を収められ、踊り場は広くなります。

 

かね折れと同じように、階段を踏み外した際に下まで落ちないメリットがあります。

 

またI型タイプよりも折り返しのほうが踏板数が多くなり、こう配がなだらかになります。

 

踏板の幅も広く取れるため安全です。

 

さらに、上がるところとたどり着くところが一緒なので、間取りを考えやすいというメリットもあります。

 

「カーブ階段」

 

こちらは円弧を描いて上り下りをする種類です。

 

おしゃれなカーブでお部屋に印象を付けることができます。

 

I型タイプよりも少し小さいスペースで作れるのがメリットです。

 

「らせん階段」

 

らせん状に上り下りするタイプです。

 

コンパクトに設置できるのがメリットで、デザイン性にも優れているのでインテリアとしてもおすすめです。

 

踏板が中心に近いほど狭くなり、三角形になっているものが多いのが特徴です。

 

踏板の隙間から光を部屋に取り入れるのも可能になっています。


 

<移動以外の活用法って?>


 

移動に使うだけでなく、階段は工夫次第で生活の場にも変化させることができるという面も持っています。

 

1つは、踊り場を広くして子どものためにプレイルームとする方法です。

 

ちょっとした部屋のようになりつつ開放感がある、ユニークなスペースの使い方ですね。

 

踊り場をパソコンコーナーやプチ書斎のように使う方法もあります。

 

ちょっとした調べ物や読書などにも使えるコーナー作りを、踊り場で行うのも良いですね。

 

また階段の壁を本棚にする方法も一つです。

 

たくさんの本を並べられて、自由にとってそのまま階段に座って読書もできるので、ちょっとした図書館のような雰囲気になりそうです。

 

また、デザイン性を重視した階段にすることで、部屋のオブジェのように仕上げることもできます。

 

特にリビング階段を導入する場合は、おしゃれな階段だと自然とリビングに馴染み、素敵な雰囲気に仕上がるかもしれません。

 

【まとめ】


 

一戸建て住宅の間取りを考えるうえで、階段が重要になってくることがわかりました。

 

生活をイメージしつつ動線を考えたり、どんなイメージに仕上げたいか考えたりして納得いくものを選んでいきたいですね。

 

またそれぞれのメリットもうまく活用しながら、間取りや生活に適した階段を選んでみてはいかがでしょうか。



住まい探しなら株式会社リードホームにご相談ください


≪ 前へ|目黒区は子育て世帯におすすめの街!目黒区の子育て支援とポータルサイトを徹底解説   記事一覧   東京23区内で安産祈願ができる神社や寺社をご紹介します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る