リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 住みながら不動産を売却する方法や注意点をご紹介

住みながら不動産を売却する方法や注意点をご紹介

≪ 前へ|【2023年版】「遊休農地化」を防げる制度とは?農地の土地活用に!   記事一覧   相続時に固定資産税がかからない土地とは?土地の活用方法もご紹介|次へ ≫

住みながら不動産を売却する方法や注意点をご紹介

住みながら不動産を売却する方法や注意点をご紹介

自宅の売却を考えている方にとって、住みながら売却を進めるべきか空室にしてから売るべきかは重要な問題です。
家に住みながらの売却は不利になる可能性もありますが、ポイントをおさえれば高値で売却することもできます。
この記事では、家に住みながら売却する方法やメリット・デメリット、注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

住みながら不動産を売却する方法

住みながら不動産を売却する方法

住みながら自宅を売却し、その後新たな家を探す住み替え方法は、売り先行とも呼ばれます。
売り先行で住みながら不動産を売却する手順や方法をご紹介します。

住みながら不動産を売却する手順

住みながら自宅を売却する手順は、不動産業者に査定を依頼して媒介契約を結ぶまでは空室にして売却する場合と同じです。
売り先行の場合、物件情報が掲載され購入希望者が現れたら、実際に住んでいる自宅を内見してもらうことになります。
また、住みながら自宅を売却する場合には、自宅の売却が決まったら早急に新居を探さなければなりません。
仮住まいを用意するケースもありますが、引っ越しの回数が増えるうえに費用もかさんでしまいます。
自宅の引き渡しと新居の入居日を近い日にすれば引っ越しを1回で済ませられるため、この記事をご参考に売却のスケジュールを調整することをおすすめします。

リースバックを利用する方法もある

住みながら不動産を売却する場合、リースバックを利用して売却後も家に住み続ける方法もあります。
リースバックとは、自宅を不動産会社へ売却し、買主である不動産会社に賃料を払って住み続ける方法です。
リースバックを利用すれば契約後に家を引き渡す必要がなく、売却してからゆっくり新居を探せます。
ただし、リースバックを利用する場合、不動産の買取価格が相場の70%程度まで落ちてしまう点に注意が必要です。
また、リースバックの年間賃料は買取価格の10%程度と、周辺の賃貸物件と比較すると家賃が高くなってしまいます。
売却後も自宅に住みながら新居探しができるのがメリットですが、買取価格や家賃の面でデメリットを被る点に注意しましょう。

住みながら不動産を売却するメリット・デメリット

住みながら不動産を売却するメリット・デメリット

住みながら不動産を売却する売り先行には、メリットもあればデメリットもあります。
売却活動を進めてから後悔しないよう、メリットとデメリットの両方を理解しておきましょう。

住みながら不動産を売却するメリット

住みながら不動産を売却する主なメリットは、以下の3点です。

●住み替え費用を売却代金でまかなえる
●購入希望者に家の魅力を伝えやすい
●家の劣化を防げる


住みながらの不動産売却は、売却代金を住み替え費用にあてられるのが最大のメリットです。
新居の購入費用や引っ越し費用として売却代金が使えるため、資金面での不安を最低限に抑えられます。
高額な費用がかかる住み替えの前にまとまったお金が手に入り、資金計画が立てやすくなるのは、売り先行の大きなメリットと言えるでしょう。
また、内見に来た購入希望者が実際に生活するイメージをしやすく、家の魅力が伝わりやすい点もメリットです。
実際に暮らしている様子を購入希望者に見てもらえるため、家具が置かれていない空室よりも生活のイメージがしやすく好印象につながります。
内見に来た購入希望者と話をする機会もあり、住んでいるからこそわかる家の魅力を直接伝えることも可能です。
さらに、空き家にするよりも家の劣化を防ぎやすいのもメリットとして挙げられます。
不動産は使われなくなるとどんどん劣化していき、劣化を防ぐには適切な管理が必要ですが、住んでいる家であれば日常生活や日々の掃除・換気などで自然と建物の劣化が抑制できます。

住みながら不動産を売却するデメリット

住みながら不動産を売却する主なデメリットは、以下の2点です。

●内見スケジュールの調整が必要
●生活感が出すぎると売却が難しい


住みながら不動産を売却すると、住んでいる家に購入希望者が内見に来るため、内見のたびにスケジュールを調整しなければなりません。
内見の予約は休日に集中しやすいうえに、緊急で内見の予定が入ることもあるなど、休日のスケジュールが制限されてしまう可能性があります。
内見は当日のその時間だけ対応すれば良いわけではなく、事前に清掃などをして購入希望者を迎える準備をしなければいけないので、時間も手間もかかってしまうのがデメリットです。
また、住みながら自宅を売却すると、生活感がイメージダウンにつながってしまうこともあります。
実際に住んでいる家である以上生活感を完全になくすことは不可能ですが、整理整頓や掃除を怠った家は生活感が出すぎてしまうため、購入希望者に悪いイメージを与えてしまうかもしれません。
家具などを完全に撤去して何もない部屋を内見してもらえる空室に比べて、生活感がマイナスイメージになるおそれがあるのが売り先行のデメリットです。

住みながら不動産を売却する際の注意点

住みながら不動産を売却する際の注意点

家に住みながらの売却は、空室にした状態での売却よりも売れにくいと言われています。
なるべく高値で早く売却するためにも、以下の注意点に気を付けましょう。

いつ内見があっても良いように掃除をする

住みながら家を売却する場合には、内見の際に生活感を出しすぎないことが重要です。
家が汚かったり物があふれかえっていたりするとマイナスイメージを与えてしまうので、購入希望者に「この家を買いたい」と思ってもらえるように整理整頓と掃除をしておきましょう。
内見の予定は数日前から決まっていることもありますが、前日や当日に予約が入ることも少なくありません。
いつ購入希望者が内見に来ても良いように、売り出し中は常に内見できる状態に保っておくのがおすすめです。
物が多いと散らかった印象を与えてしまうので、要らないものを処分したり使わないものをトランクルームに預けたりすると良いでしょう。
水回りは生活感が出やすい場所なので、プロの力を借りてきれいにしておくとより印象がアップします。
掃除や整理整頓だけでなく、換気をしてにおい対策をしたり切れている電球を交換して部屋を明るくしたりして、家をより魅力的に見せましょう。

引っ越し先の事前調査をする

住みながら家を売却する場合は、家の売却が決まったら早急に新しい家を探さなければなりません。
引っ越しにかかる期間を考慮して、契約から引き渡しまでの期間を3か月から半年とするケースもあります。
とはいえ、引き渡しまでの限られた期間で新しい家が見つかるとは限らないため、売却と並行して引っ越し先の事前調査をしておきましょう。
新しい家を決めておけば売却後すぐに転居でき、仮住まいのホテル費用や引っ越し代金を節約できます。
3月や9月など引っ越しが多い時期に転居すると引っ越し代金が高くなってしまうので、可能であればこれらの時期を避けるのがおすすめです。

引き渡し時期に合わせてスケジュールを組む

引き渡し日の前日までに引っ越しが完了できるよう、引き渡しの時期に合わせて余裕を持った売却スケジュールを組みましょう。
売り出しを始めてもすぐに買い手が見つかるとは限りません。
買い手が見つかってからは、契約や引き渡しなどでさまざまな書類の準備や手続きに追われることになります。
同居している家族のスケジュールも確認しながら、新居探しや引っ越しの期間も含めてゆとりあるスケジュールを組むことをおすすめします。

まとめ

家に住みながらの売却は、売却で得たお金を住み替えの費用にあてられるなどのメリットがあります。
一方、売却に不利になるなどのデメリットもあるので、この記事で紹介した注意点を参考に売却活動を進めましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|【2023年版】「遊休農地化」を防げる制度とは?農地の土地活用に!   記事一覧   相続時に固定資産税がかからない土地とは?土地の活用方法もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る