リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 戸建ての水回りをリフォームしたい!相場やリフォーム時期を事前にチェック

戸建ての水回りをリフォームしたい!相場やリフォーム時期を事前にチェック

≪ 前へ|不動産登記に関する登録免許税とは?税率や軽減措置について解説   記事一覧   世田谷区にある「愛珠幼稚園」の特徴とは?教育目標やアクセスも!|次へ ≫

戸建ての水回りをリフォームしたい!相場やリフォーム時期を事前にチェック

戸建ての水回りをリフォームしたい!相場やリフォーム時期を事前にチェック

キッチンやトイレなどの水回りは、暮らしの快適さに直結する設備です。
不具合が出ないように定期的にリフォームすることが理想ですが、頻繁におこなうものではないため時期や相場などがわからないという方も少なくありません。
リフォームは、一度工事するとあとから簡単に変更できないため、事前の下調べや設備の検討が重要です。
この記事では戸建てにおけるリフォームの時期や費用の相場、注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

水回りをリフォームする適切な時期とは

水回りをリフォームする適切な時期とは

戸建てにおける水回りのリフォームは、新築から15年~20年経過した時期が適切といわれています。

水回りはほぼ毎日使う場所であるため、表面上はきれいで不具合がないように見えても、内部での劣化が進んでいる可能性が高い場所です。
まだ大丈夫と思い長く使っていると、いざ修理やリフォームする際に高額な費用がかかることも考えられます。
新しい設備は節水・節電機能が備わっており光熱費を節約できる商品も多く、早い時期にリフォームしても損になりにくいことが特徴です。

時期を逃すとトラブルにつながりやすい

新築から20年以上経過しリフォームの時期を逃すと、見えないひび割れから内部に水が入り込み、カビが生えたり腐食など劣化が進みやすくなります。
水回りの土台や下地が腐食すると、シロアリが巣をつくってしまうことも。
そうなる前にできるだけ早くリフォームを済ませることが理想ですが、見た目では劣化がわかりにくいため、新築から15~20年経ったころを目安の時期としてリフォームを計画することをおすすめします。

水回りの同時リフォームがお得

新築で住宅を建てた場合、水回りをリフォームすべきタイミングは、どこもおおよそ同じになります。
そのため各所を別々にリフォームするよりも、水回り全体を同時にリフォームするほうが、合計の出費を抑えられる可能性があります。
水回りすべてを一新すると高額な出費になりますが、リフォーム会社によってはセット料金で水回りを一式交換できるプランが用意されています。

水回りのリフォーム費用の相場について

水回りのリフォーム費用の相場について

水回りのリフォーム費用は主に「本体代金・既存設備の撤去費用・取り付け費用」で構成されています。
お風呂やキッチンなどの大規模なリフォームは、内装工事費や給排水工事費などが加わって高額の費用が予想されます。
さまざまな事例をチェックしてイメージを膨らませつつ、施工会社やプランの下調べもおこないましょう。

キッチンのリフォーム費用の相場

水回りのなかでもキッチンはとくにリフォーム費用が高額であり、グレードや種類による価格の差も大きくなります。
食洗器の取り付けや蛇口の変更のみの簡易的な施工もありますが、築年数が経っている場合は全体を交換することをおすすめします。

スペースを広くしたり対面キッチンにするなどさまざまなリフォームが可能で、全体交換では50~100万円が相場です。
それにくわえて、キッチンの位置を変更するなど内装工事も必要な大がかりなリフォームは、200万円以上かかることも珍しくありません。
性能の良い食洗器や全自動お手入れ付きのレンジフードなど魅力的なオプションも多いですが、予算をオーバーしないようにすることも注意点の一つです。

お風呂のリフォーム費用の相場

お風呂のタイプで現在主流なのは、壁や床と浴槽がすべてセットになった「システムバス(ユニットバス)」です。
システムバスは工場で作られた部品を現場で組み立てるタイプです。
反対に、モルタルとタイルを使った昔ながらのお風呂は「在来工法」と呼ばれます。

お風呂のリフォームは在来工法からシステムバスに交換する事例が多く見られますが、その際の費用はおよそ70~150万円が相場です。
お風呂に付けられるオプションはテレビやジェットバス、スピーカーなどさまざまですが、浴室乾燥機がとくに人気で、比較的低コストで付けられます。
また床や壁は掃除が楽になるように、カビや汚れに強い素材がおすすめです。

トイレのリフォーム費用の相場

トイレは幅広い内容のリフォームがありますが、一番多く見られる事例は便器の交換です。

便器の交換のみであれば30万円程度のリフォーム費用が相場で、床や壁の壁紙交換も加われば40万円ほどと考えられます。
トイレを広くしたりトイレ内に手洗い場をつくるリフォームをする場合は、さらに高額になります。
お風呂よりも費用は安いですが家族全員が毎日使う場所であるため、機能性にこだわったりバリアフリー化の検討もおすすめします。

洗面台のリフォーム費用の相場

洗面台は本体の交換が主なリフォーム内容であり、本体価格がほかの水回りよりも大きく影響します。

価格は大きさやグレードによって幅がありますが、LED照明が付いていたり収納が多いタイプはおよそ20~50万円が相場です。
場所が近いことから、洗面台とともに脱衣所やお風呂もリフォームするケースも多く見られます。
洗面台単体では、ドライヤーなど電化製品が使えるように複数のコンセントが付いているオプションが人気です。

水回りのリフォームで知っておきたい注意点

水回りのリフォームで知っておきたい注意点

水回りのリフォームで失敗しないポイントは、注意点を知ってから計画することといえます。
リフォーム全般でいえる注意点は、どの部分でも一度リフォームしたら場所や本体の変更ができない点です。
そのため間取りや家事動線を意識して場所を決めるなど、のちの生活を考えた設備選びを意識しましょう。

注意点1:実物を見る

水回りの設備は一度リフォームすると長く使うものです。
カタログやインターネットの事例で見て良いと感じても、いざ使ったときに機能を持て余したり、そもそも使いにくいなどの不満が出るかもしれません。
場所の雰囲気に合うデザインであるかは大切ですが、見た目重視で選ぶと使った実感が思っていたものと異なるという失敗談はよく見られます。
できるだけ実物を確認して細かい部分もさわりながら検討することをおすすめします。

注意点2:工期の確認

便器や洗面台の交換は1日で終わることもありますが、キッチンやお風呂のリフォームは工期が1週間以上かかり、大規模なものであれば1か月以上になることもあります。
毎日使う水回りが自由に使用できなくなるのは不便であるため、工事が長引くことも視野に入れて対策しましょう。
たとえばトイレなどは近隣のお店に借りに行くことも可能ですが、家族が多いなら仮設トイレをレンタルするのも対策の一つです。

注意点3:使う家族に合わせた設備を選ぶ

使用頻度が高い水回りをリフォームする際は、家族全員が使いやすいような設備が理想です。
高齢者と同居している場合はトイレやお風呂をバリアフリー化したり、キッチンを一番使う人の身長に合わせるなどが使いやすい水回りといえるでしょう。
リフォーム内容が、トイレの床を滑りにくい素材にしたり手すりをつけるなどのであれば「バリアフリー改修工事」として補助金制度を利用できる場合も。
減税や補助金などの制度はリフォーム内容や同居している家族の条件があるため、バリアフリー化するならぜひ一度チェックしてみてください。

まとめ

水回りの設備は20年以上経つと、表面上問題なく使用できても見えない部分が劣化します。
まずはカタログやインターネットで公開されている事例を見つつ、相場を知ってイメージを膨らませることが大切です。
毎日使う部分だからこそ先延ばしにせず、現在のライフスタイルに合ったリフォームを目指しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産登記に関する登録免許税とは?税率や軽減措置について解説   記事一覧   世田谷区にある「愛珠幼稚園」の特徴とは?教育目標やアクセスも!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億3,800万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩5分

目黒区八雲4丁目

目黒区八雲4丁目の画像

価格
5億9,000万円
種別
売地
住所
東京都目黒区八雲4丁目
交通
都立大学駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区南1丁目

目黒区南1丁目の画像

価格
1億1,000万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区1丁目
交通
洗足駅
徒歩14分

トップへ戻る