リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 選ぶサッシやガラスで大きな違いが!家を快適にする窓断熱の重要性

選ぶサッシやガラスで大きな違いが!家を快適にする窓断熱の重要性

≪ 前へ|建物の地震対策「耐震構造」「制震構造」「免震構造」の違いとは?費用の違いや組み合わせを紹介   記事一覧   住宅の室内扉の呼び方をご存知ですか?室内扉の種類・特徴・選び方を解説|次へ ≫

選ぶサッシやガラスで大きな違いが!家を快適にする窓断熱の重要性

選ぶサッシやガラスで大きな違いが!家を快適にする窓断熱の重要性

マイホームを持つなら「夏は涼しく、冬はあたたかい」そんな家を建てたいですよね。
快適な我が家にするためには、窓の断熱性が大きな鍵をにぎっています。
では選ぶ種類によって、どのような違いがあるのでしょうか?
この記事では窓による断熱性の違いをテーマに、窓断熱の重要性や種類、性能についてお伝えします。
マイホームの購入を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

選ぶ種類で大きな違いが?家全体の断熱性能における窓断熱の重要性

選ぶ種類で大きな違いが?家全体の断熱性能における窓断熱の重要性

まずは窓断熱の方法でどのような違いが出るのか、重要性とともに見ていきましょう。
「暖房をしっかり付けているのに寒い」「家のなかなのに厚着してしまう」冬になるとこのような光景をよく見ます。
家の断熱性と聞くと、天井や壁に入れる断熱材がイメージされ「しっかり対策したのになぜ…?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか?
しかし快適に過ごすためのポイントとなるのが、窓断熱の重要性です。

あたたかい空気は開口部から外に逃げていく

窓断熱がなぜ必要なのかというと、あたたかい空気のほとんどは、開口部から外に逃げていくからです。
日本建材住宅設備産業協会が調べた「住宅の省エネルギー基準」では、部屋のなかにある約60%が、窓などの開口部から外へ出ていくことがわかりました。
天井や床からは5%から7%、換気口からは約15%など、開口部に比べると割合が低く、窓断熱における重要性がしっかりと把握できます。
そのため選ぶ窓の種類によって性能が異なり、快適さにも違いが出てくるのです。
断熱性の低い開口部を採用してしまうと、いくら暖房を付けていてもあたたかくならず、結果「寒い」「厚着してしまう」といった結果を招きます。
また冬だけでなく重要性が顕著に現れるのは夏も同じです。
冷えた空気が窓から外に逃げてしまうため、低い温度で冷房を付けていてもなかなか室温が下がりません。
最近の日本の夏は猛暑日が続くので、エアコンを一日中付けっぱなしにしている人も多いかと思います。
少ないエネルギーで効率よく快適な室温にし、光熱費カットするためにも、窓断熱の重要性をおさえておいてください。

断熱性の違いを実感!窓選びのポイントとなるサッシの種類と性能

断熱性の違いを実感!窓選びのポイントとなるサッシの種類と性能

窓における断熱性の違いを実感するためのポイントは、サッシの種類と性能にあります。
サッシとはガラスにはめ込むような形で設置されるもので、家全体の断熱性に大きく関係する大切なものです。
ではどのような種類があるのか、それぞれ見ていきましょう。

アルミサッシ

軽量で開閉しやすいアルミサッシは、昔から多くの住宅で用いられてきた種類です。
対候性や防火性に優れている反面、熱伝導率が高く、断熱性はあまりよくありません。
そのため結露が発生しやすいのもデメリットです。
築年数が経過したおじいちゃんおばあちゃんの家をイメージするとわかりやすいのですが、昔の家は断熱性が重視されていなかったため、アルミサッシが多く利用されていました。
しかし気密性を重視する最近の住宅では、ほとんど使われていません。
気密性や断熱性を考えなくてもいい場所に、アルミサッシは多く用いられています。
また錆びにくいので、潮風が吹く沿岸の建物に使用されることも多いです。

樹脂複合サッシ

樹脂複合サッシはアルミと樹脂の複合サッシです。
アルミのデメリットをカバーできる種類で、現在の新築住宅にも多く用いられています。
室外側にはアルミ、室内側には樹脂を利用しているのがアルミサッシとの大きな違いです。
アルミサッシと違い結露しにくいので、外気温に左右されない快適な生活がかなうでしょう。

樹脂サッシ

より優れた性能を持っているのが樹脂サッシです。
塩化ビニール樹脂でできているため熱伝導率が低く、優れた断熱性を持っています。
北海道などの寒冷地で多く用いられる種類なので、アルミサッシや樹脂複合サッシとの違いをしっかり実感できるのではないでしょうか?
また樹脂のため耐久性があるのも大きなメリットです。
メンテナンスフリーで長く使えるので、近年は寒冷地以外でも採用する人が増えています。
昔と違い家の高断熱化が推奨される今、樹脂サッシは現代の暮らしに合わせた仕様といえます。

木製サッシ

樹脂サッシよりも熱伝導率が低いのが木製サッシです。
無垢材など本物の木を使ってできているので、見た目がオシャレでデザイン性にも優れています。
また木には調整性があり、結露しにくいのも大きなメリットです。
そのため高級感のあるサッシを取り入れたい人や、本物志向の人にピッタリといえるでしょう。
ただし紫外線や雨などで劣化しやすいので、塗装などのメンテナンスが定期的に必要です。

窓断熱の違いを重視するならガラス選びも慎重におこなおう

窓断熱の違いを重視するならガラス選びも慎重におこなおう

窓における断熱性の違いを実感するためのポイントとして、サッシをご紹介しましたが、ガラス選びも大切です。
性能の良いサッシを取り入れても、選ぶガラスによっては断熱性が落ちてしまいます。
そのためサッシと同様、ガラスにも着目することが大切です。

シングルガラス

シングルガラスは一般的によく見る1枚タイプの窓ガラスです。
そのなかでもフロート板ガラスと呼ばれるものは、表面がたいらでゆがみが少なく、優れた透視像や反射像を得られます。
採光性も良好なので、室内を明るくしてくれるのがメリットです。
ただし断熱性があまりなく、結露も発生しやすいため、最近の新築住宅で用いられることはほとんどありません。
サッシの種類でもお話ししましたが、古い家は、シングルガラスの可能性があります。
昔から多くの住宅で取り入れられてきた種類です。

ペアガラス

複層ガラスとも呼ばれる種類で、2枚のガラスが用いられています。
ガラスのあいだに空気が入っているので、シングルガラスと違い熱移動を防げ、快適な室温をキープできるのが特徴です。
空気層が厚いほど断熱性が高く、より省エネ効果も期待できます。
ペアガラスは最近の新築住宅でも標準仕様で取り入れられているため、内覧時にチェックしてみるといいでしょう。

low-eガラス

low-eガラスは別名エコガラスと呼ばれる種類で、ペアガラスより断熱性に優れています。
ガラスの表面にLow-E膜といわれる特殊な金属膜がほどこされ、複層ガラスに含まれるのが特徴です。
ペアガラス同様、高性能住宅やエコ住宅をうたう新築住宅で多く採用されています。
冬場の断熱性を重視した「断熱タイプ」と夏場の遮熱性を重視した「遮熱タイプ」があるので、ライフスタイルやどのような窓にしたいかによって選んでみてください。

真空ガラス

low-eガラスよりも高性能なのが、真空ガラスです。
熱の移動がおこらないように2枚のガラスのあいだは真空になっていて、魔法瓶のような役割を持っています。
また真空になっているため防音性にも優れ、静かな空間で生活できるのがメリットです。
高性能なぶん価格も割高になりますが、光熱費などのランニングコストを考えると、真空ガラスがお得になるかもしれません。
外からの騒音が気にならず、自宅の生活音も外部に漏れにくいので、マイホームを建てたあとのライフスタイルに応じて検討してみましょう。

まとめ

この記事では窓による断熱性の違いにスポットを当て、窓断熱の重要性や、窓とサッシの種類を詳しくお伝えしましました。
窓などの開口部は、家全体の断熱性能に影響するため、適切なものを選ぶのがポイントです。
上記でご紹介した内容を参考にしていただき、「夏は涼しく、冬はあたたかい」そんなマイホームを建ててください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|建物の地震対策「耐震構造」「制震構造」「免震構造」の違いとは?費用の違いや組み合わせを紹介   記事一覧   住宅の室内扉の呼び方をご存知ですか?室内扉の種類・特徴・選び方を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る