リードホームTOP > 株式会社リードホーム のブログ記事一覧 > 不動産売却におけるインスペクションとは?メリットや費用を事前にチェック

不動産売却におけるインスペクションとは?メリットや費用を事前にチェック

≪ 前へ|目黒区にあるアゼィリア幼稚園の特徴は?教育内容やアクセスをご紹介   記事一覧   今人気の和モダン住宅とは?新築にも取り入れたい和の外観|次へ ≫

不動産売却におけるインスペクションとは?メリットや費用を事前にチェック

不動産売却におけるインスペクションとは?メリットや費用を事前にチェック

インスペクションには「検査・点検」という意味があり、不動産売却のシーンでは既存住宅の状況調査を指します。
目視や専門の機器を用いて住宅の隅々まで検査するインスペクションを実施することで、住宅がどのような状態であるのか明確に把握することができます。
調査の結果は買い手にとっても安心できる材料であるため、インスペクション済みの物件を優先して探す方は少なくありません。
この記事では、不動産売却におけるインスペクションのメリットや、かかる費用についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるインスペクションとは

不動産売却におけるインスペクションとは

住宅診断に関する民間資格は以前からありましたが、ここでは宅地建物取引業法が定めるインスペクションについてご紹介します。
インスペクションとは、国土交通省が指定した講習を受けた建築士が住宅を検査することで、劣化状況や修理の必要性について報告書に詳しく記載されます。
検査場所は基本的に住宅の外周りや室内ですが、オプションとして床下や屋根裏まで検査する業者も多く、普段知ることのできない建物の内部について確認できるサービスです。
不動産売却において住宅の不具合を明確にすることはメリットが多く、売却活動前に把握しておきたいポイントが多くあります。

不動産会社にはインスペクションの説明義務がある

2018年に宅地建物取引業法が改正され、不動産会社は売買契約の際にインスペクションについての「説明」が義務付けられました。
あくまで義務があるのは説明のみであり、住宅の売主・買主にはインスペクションを実施する義務はありません。

インスペクションを依頼するタイミング

インスペクションは不動産売却前に売主が済ませておくこともあれば、買主が購入前に依頼することもあります。
しかし売主が不動産売却の前にインスペクションを実施しておくことで、物件の価値が高まり買い手も見つかりやすくなる傾向にあります。

そのためインスペクションは、売却活動が始まる前に売主が実施するのが理想といえるでしょう。
不動産売却を不動産会社に依頼する際には、インスペクションについての説明や、インスペクター(インスペクションを実施する人)を斡旋してもらえます。
インスペクションを実施することでより正確な査定額が出しやすく、より高値での売却が期待できるようになるため、売却査定前に済ませると良いでしょう。

インスペクションで検査する場所とは

インスペクションは主に目視と機器を用いて検査できる部分が対象で、外周りと室内、そして床下や天井裏などを検査します。

ご自身ではなかなか確認しない屋根や見えにくい基礎部分も検査するため、普段意識しない部分の劣化やメンテナンス時期の目安がわかります。
基礎診断で確認する部分やオプションの有無などは業者によって異なるため、どこを検査するかは契約前に必ず確認しましょう。
とくに築年数の古い住宅であれば、基礎となる土台や梁の検査をおすすめします。
また検査場所や報告書のサンプルは「日本ホームインスペクターズ協会」のホームページにも掲載されています。

インスペクションのメリットとは

インスペクションのメリットとは

インスペクションの大きなメリットには、以下の4つが挙げられます。

●買い手が見つかりやすい
●希望どおりの価格で売却しやすい
●売主が住宅の状態を把握できる
●引き渡し後のトラブルを回避できる


インスペクションは義務ではないものの、不動産売却前に済ませておくことでこのような多くのメリットがあります。
とくに買い手が見つかるか心配な方にとって大きなメリットとなるため、スムーズに売却したい方はインスペクションをすることをおすすめします。

メリット1:買い手が見つかりやすい

インスペクションを実施して構造の問題などが可視化されていることで、買い手は状態を把握できるため安心して購入に踏み切れます。
修繕をしていなくても、不具合箇所や補修の金額などが明確になっているため、買い手も購入の判断がしやすいことが大きなメリットです。

メリット2:希望通りの価格で売却しやすい

インスペクションにより買主の安心につながれば、売主の希望価格で売却できる可能性も上がります。
また、売主がインスペクションを済ませていれば、買主は依頼する必要がなくなり、また検査済みである安心感からより前向きに購入を検討しやすくなるため、スムーズな取引が期待できます。

メリット3:売主が住宅の状態を把握できる

ご自身の財産がどのくらいの価値を持つのかを知ることは、売主の安心にもつながります。
住宅の状態によっては修繕して売却するか、手をつけずそのまま売却するかなどの判断もしやすくなるでしょう。
あまりにも損傷がひどいことが判明したら、住宅を取り壊すのも選択肢に加わるでしょう。
インスペクションを依頼して事前に住宅の状態を把握することで、売却に向けてどのくらいのコストをかけて修繕をするのかを考えることもできます。

メリット4:引き渡し後のトラブルを回避できる

2020年の民法改正は、不動産売却にも大きな影響がありました。
改正前にも損害賠償請求や契約の解除など買主を保護する「瑕疵担保責任」がありましたが、改正後は「契約不適合責任」に変わったことにより、さらに買主が主張できる権利が増えました。

不動産売却での注意点は、売主が契約内容と異なるものを引き渡した場合に、買主から修理費など追完請求される可能性があることです。
そこで売主があらかじめインスペクションを済ませることにより、売買契約書に住宅の不具合を明記できます。

契約時に売主・買主双方がそのことに合意すれば、その後のトラブルを回避することができるのです。
またインスペクションを済ませることで、修繕が必要になった場合の費用が保険金で賄える「住宅瑕疵担保責任保険」にも加入できます。
インスペクションは不動産売却後のトラブルを防ぐ重要なポイントとなります。

インスペクションにかかる費用

インスペクションにかかる費用

一戸建てにかかるインスペクションの費用は、5~7万円程度が相場です。
検査する業者や住宅の場所によって異なりますが、面積が広いほど高額になります。
また、検査後の報告書を基本料金に含めている業者もあれば、オプション料金としている業者もあるため、費用の内訳については事前に確認しておきましょう。

費用がかかりやすいポイントとは

インスペクションの費用は、専用の機器を用いた詳細な検査や、天井裏や床下も確認する検査を依頼すると高くなります。
そのため、オプションを付けると10万円以上かかることも珍しくありません。
築年数の古い家であれば引き渡し後に判明する不具合や欠陥が出る可能性が高いため、細かく検査しておくことをおすすめします。

業者を選ぶポイントとは

不動産売却の仲介を依頼すると、不動産会社からインスペクターを紹介してもらえる場合があります。
必ずしも紹介された業者へ依頼する必要はなく、ご自身でインスペクターを探すことも可能です。
その際は宅地建物取引業法が定める「既存住宅状況調査技術者」など、専門の知識を有する人がいる業者への依頼をおすすめします。
民間資格である住宅診断士に依頼することも可能ですが、既存住宅状況調査技術者は講習を経て登録される住宅の専門家であり、調査内容についても信頼性が高いといえます。
住宅瑕疵担保責任保険の要件には、既存住宅状況調査技術者がインスペクションをおこなうことも含まれているため、既存住宅状況調査技術者にインスペクションを依頼することにはメリットがあります。

まとめ

不動産売却において、売主が事前に住宅をインスペクションすることは買主の安心感につながり、希望価格での売却も期待できます。
費用はかかりますが、スムーズな取引やのちのトラブルを回避できるなどのメリットが多いため、実施することをぜひご検討ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|目黒区にあるアゼィリア幼稚園の特徴は?教育内容やアクセスをご紹介   記事一覧   今人気の和モダン住宅とは?新築にも取り入れたい和の外観|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • For foreigners
  • スマホサイト
  • 現地販売会開催
  • 当社専任物件特集
  • 売却
  • ローンシュミレーション
  • ご購入の流れ
  • 生活リンク
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社リードホーム
    • 〒153-0061
    • 東京都目黒区中目黒5丁目27-11
      リードビル(自社ビル)
    • 0120-423-023
    • TEL/03-5773-4885
    • FAX/-
    • 東京都知事 (3) 第92462号
  • 売却実績掲載中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


目黒区祐天寺1丁目

目黒区祐天寺1丁目の画像

価格
1億5,500万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区祐天寺1丁目
交通
中目黒駅
徒歩10分

目黒区三田2丁目

目黒区三田2丁目の画像

価格
1億1,970万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区三田2丁目
交通
目黒駅
徒歩11分

目黒区中町1丁目

目黒区中町1丁目の画像

価格
1億1,470万円
種別
中古一戸建
住所
東京都目黒区中町1丁目
交通
学芸大学駅
徒歩15分

世田谷区等々力5丁目

世田谷区等々力5丁目の画像

価格
1億2,480万円
種別
中古一戸建
住所
東京都世田谷区等々力5丁目
交通
尾山台駅
徒歩10分

トップへ戻る